スポンサーリンク
第一次世界大戦とロシア革命

キール軍港蜂起と第一次世界大戦の終結

皇帝の戦い 1918年に行われたドイツ最大の西部戦線への大攻勢のこと。ブレスト・リトフスク条約で、ロシアと休戦したあと、東部戦線の戦力を西部戦線へと向けたが、補給物資の不足のために進撃は止まってしまいました。この戦いを皇帝の戦いカイザー・...
第一次世界大戦とロシア革命

アメリカ合衆国の参戦とソヴィエト(ロシア)政府との休戦協定

1917年、第一次世界大戦に転機が訪れます。 中立国・アメリカ合衆国の参戦と、 ロシアには十月革命で、 ソヴィエト政権が成立しました。 アメリカ合衆国の連合国支援 ウィルソンの再選 1917年1月、ウィルソンがアメリカ合衆国大統...
第一次世界大戦とロシア革命

イギリスの戦時秘密三枚舌外交とその矛盾

イギリスは戦後の同盟国側の領土・植民地の配分を 中立国を味方に引き入れるために、 秘密条約を結んでいます。 今回は、 イギリスの三枚舌外交と、 それがきっかけで引き起こした 現在のパレスチナ問題について ざっくりとご紹介し...
スポンサーリンク
第一次世界大戦とロシア革命

第一次世界大戦における総力戦体制と挙国一致内閣

新兵器の導入 第一次世界大戦の初期には、参戦各国ともに、 陸海軍に150機~200機程度の航空機・飛行船部隊を持っていましたが、 航空機・飛行船の任務はほとんど偵察にありました。 イープルの戦い(毒ガス初使用) ドイツ軍は膠着した...
未分類

医師少数県と医師多数都府県~厚労省、偏在解消目指す~

厚生労働省は、少なくとも15の県を、 「医師少数県」に指定。 あわせて、「医師多数都府県」も、 少なくとも15の都府県で指定されました。 地方の格差がここにも現れた格好です。 2036年までに偏在の解消を目指すと NHK...
未分類

お知らせ(生物関係の記事に関して)

生物系の記事は に順次移動中です。 閲覧中の皆様にはご迷惑をおかけするとともに、 逐次、生物関係の記事は、こちらのサイトからご覧ください。
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸...
戦国時代

織田信長の尾張統一

浮野の戦い 岩倉城の織田伊勢守家・織田信賢(おだのぶかた)が 美濃国の斎藤義龍と結んで織田信長を攻撃しました。 織田伊勢守家(岩倉織田家) 尾張国上四郡を領する嫡流の守護代家です。 この頃は織田信安の子である 織田信賢と織田信家...
生物の進化

遺伝子平衡と頻度の変化と進化~ハーディ・ワインベルグの法則~

メンデル集団 以下の条件が揃った集団をメンデル集団と呼びます。 集団の個体数が極めて多い 集団への個体の移出入がない 集団内での交配は自由交配 集団内では突然変異が起こらない どの個体も繁殖力や生存能力は...
生物の進化

3つの突然変異と進化

遺伝子突然変異 遺伝子の本体であるDNAの塩基配列の変化によって、 おこる突然変異のことを遺伝子突然変異といいます。  塩基配列の変化 塩基配列の変化とは、 塩基の一部が置換、挿入、欠失されることをいいます。 ...
スポンサーリンク