トヨタ自動車、GRMNやG'sなどの車を34台以上出展

トヨタ自動車は「東京オートサロン2014 with NAPAC」にて、 「GAZOO Racing tuned by MN」(GRMN)と
のコンセプトカー4台をはじめ、「第42回ニュルブルクリンク24時間耐久レー ス」参戦予定車両3台などを出展している。
GRMNからは、「MARK X」に専用の6速マニュアルトランスミッションとV6・ 3.5Lエンジンを組み合わせた「GRMN MARK X Concept」
量化と低重心化、パワートレーンとボディ剛性の強化といった耐久レース参戦で 得たノウハウを反映した「GRMN 86 Concept」を出展。
走る楽しさと乗り心地を高次元で両立させたという、G’s初のスポーティSUV「HARRIER G SPORTS
と、専用スポーツシートの採用やボディ剛性の向上、足回りのチューニング最適化などを施し、スポー ティ感を向上させた「Vitz RS G SPORTS Concept」を出展している。
今回は2013年の1.5倍となる出展スペースに、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車両「GAZOO
「GAZOO Racing LEXUS LFA Code X」「GAZOO Racing TOYOTA 86」の3台を含め、セダン やミニバンのカスタムカーなど34台を一堂に集めて展示するとのこと。
ソースはエキサイトニュースから


 新型ハリアーにもG`sヴァージョンが追加されますが、
 記事には書かれてないものの、名車「MR-S」の次期モデルと言われるコンセ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。