パルティア

スポンサーリンク

セレウコス朝シリアの建国

前323年のアレクサンドロス大王死後、イランはセレウコス朝シリアの支配下になる。セレウコス朝シリアはバクトリアからアナトリアやシリアを領域。都市化政策を推進し、ギリシア系民族が移住。

バクトリア

建国

前255年 セレウコス朝シリアの力が衰退し、まずはじめに、ギリシア系のバクトリアが独立。バクトリアが独立。インダス川上流域からアム川上流を占領。ヘレニズム文化が栄え、ガンダーラ美術に大きな影響を与えた。

滅亡

前139年トハラ人によって滅亡。

パルティア

パルティア建国

前248年 アルサケス朝パルティア王国が成立。カスピ海東岸で兵を挙げたパル二族族長アルサケスに率いられ、イラン高原とメソポタミアを解放し、セレウコス朝シリアから独立。(中国からは安息と呼ばれた。化学の安息香酸とも関連しれいるとの噂。)

ミトラダテス1世の治世

前2世紀半ば、ミトラダテス1世のときに最盛期となり、セレウコス朝東都、ティグリス河畔のセレウキアを陥すと、対岸のクテシフォンに冬営地を設け、やがて首都となった。

領土支配のために、パルティア王はアケメネス朝の統治機構を継承して、中央集権制を確立しようとした。絹の道やや海の道を支配し、東西交易の利益を独占。

パルティアの軍事力

弓矢を装備した軽騎兵のパルティア軍は大量の矢を浴びせて、相手が突撃してきたら、一斉に回避し、回避しながら矢を浴びせる。パルティアン=ショットとよばれる騎兵の後ろ向きに矢を浴びせる戦法が見られた。相手が疲れた所を包囲し、殲滅する。

ローマ帝国との対立

最大の敵はローマ帝国。西進した。

セレウコス朝シリアの滅亡

前1世紀、ポンペイウス率いるローマ軍がシリア本土に侵攻し、セレウコス朝は滅亡した。これにより、パルティアとローマが直接対峙するようになる。

ローマ軍の侵攻理由

ギリシアのアレクサンドロス大王はアケメネス朝を征服したのは前述のとおり。歴史に名を刻みたいローマの軍人は侵攻し、失敗した。

カルラエの戦い

前53年 ローマ帝国の第1回三頭政治の1人、クラッススはパルティアへ遠征。パルティアはクラッススをカルラエの戦いで打ち破って、クラッススは戦死した。

クテシフォン陥落

2世紀初頭、五賢帝トラヤヌス帝率いるローマ軍がパルティアへ遠征。パルティアの内紛に乗じて、クテシフォンを一時攻略。メソポタミアとアルメニアを占領した。この遠征の帰路でトラヤヌス帝は病没。次の皇帝ハドリアヌスは占領地を放棄した。しかし、ローマ軍の侵攻はカラカラ帝まで続いた。パルティアは疲弊する。

パルティアの滅亡

226年ササン朝のアルデシール1世によって滅亡。アルデシール1世はアケメネス朝の血を引く、ペルシア王国の君主であった。もともとはパルティア王に臣従していた農耕民族国家でった。引き続きローマ帝国と戦争をしていくこととなる。

パルティアの文化

ヘレニズム文化の影響を強く受ける。
王が「ギリシア人を愛するもの(フィルヘレン)」という称号を使う。パルティアはイラン系遊牧民がメソポタミアのギリシア人都市・アルメニア・ペルシアなどの小王国を支配する多民族国家だったためギリシア語が公用語
王朝後期にはパウレヴィー語がアラム文字で公用語化。ゾロアスター教が信奉されるも、ミトラダテスという王名から見られるように、ミトラ神への信仰も強かった。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。