ヘレニズム時代

アレクサンドロス大王の死後、
ディアドコイ(後継者)同士の争いが起きる。
前301年イプソスの戦い後、帝国はアンティゴノス朝マケドニアと
セレウコス朝シリア、プトレマイオス朝エジプト
ヘレニズム三国)に分裂。
シリアのアンティオキアやエジプトのアレクサンドリア
ヘレニズム文化の中心として発展。
アレクサンドロスの東方遠征でギリシア人とギリシア文化で東方に拡大した以降の時代を
ヘレニズム時代という。
ヘレニズムとは、ギリシア(ヘレネス)という言葉を元にした
ドイツの歴史家ドロイゼンによる造語で
ギリシア風とかギリシア文化という意味がある。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。