スコータイ朝

スポンサーリンク

タイ系諸族

ベトナム北部からビルマ東北部にかけて住んでいる。

歴史的背景

南詔国とタイ系民族の南下

7世紀半ば頃より、南詔国の都・大理周辺で暮らしていたとされるが、
その辺りより東南アジアに南下し、バーンと呼ばれる小さな村落を作っていた。

その後、バーンが統合され、ムアン(地方国家)が成立。
ムアンの中心部は一定の人口を有しており、都市的空間を有していた。
彼らはクメール人やビルマ人、モン人の間に入って生活していた。

元寇とタイ人の拡大

13世紀モンゴルの攻撃で、東南アジアが踏み荒らされた後、
13世紀末から14世紀にかけて勢力を拡大。

北部のチェンマイ王国・中部のスコータイ王国、メコン川上流のランサン王国、
時代を下って、チャオプラヤー川下流のアユタヤ朝。タイ系シャン人の国々を建国

スコータイ王国

タイ人は13世紀半ばごろ、
スコータイ地方からクメール人を駆逐し、独立。
メナム川中流域のスコータイ朝を創始。

タイ人は従属元であったアンコール朝から政治的基盤を学び、
また、クメール文字由来のタイ文字を創案。

ラームカムヘーン王の治世

スコータイ朝の全盛期の王第3代ラームカムヘーン
シャム文字(タイ文字)クメール文字から創始。

マレー半島のリゴール、ビルマのパゴ―まで、勢力を拡大。
マレー半島を征服した時に、上座部仏教が渡ってきて河川交通網を通して浸透。

それまでの大乗仏教やヒンドゥー教メインの統治から、
上座部仏教を主とする統治機構ができた。

ワット・マハタート(ワット・マハー・タート)がスコータイ様式の建築として有名。
彫刻では「シーサッチャナーライの遊行仏」が有名。
元を訪朝し、朝貢した。

スコータイ朝の滅亡

1351年にスコータイ朝の南方にアユタヤ朝が興ると、
版図は徐々に失われ、
ついにアユタヤ朝のラーマディボディ王
スコータイ朝のリタイ王は降伏。

スコータイ朝は1438年には完全にアユタヤ朝の地方政権となってしまったが、
1569年にビルマ軍がアユタヤ都を占領した際に、
アユタヤ朝の王としてスコータイ朝王は継続していたため担ぎ出される。

その後、ビルマ軍を撃退し、アユタヤ朝の王位についた。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。