古代中国思想史②道家・法家

道家(どうか)…老荘思想と呼ばれる、すべての根源である「道」の合一化を求める思想。
老子
道家の祖。孔子の説く、仁や礼は人為的なものだとし、自然との調和をとく無為自然が道家の特徴である。
楚の人。姓は李。名は耳(じ)と言われるが伝説的な要素がかなりあり、
明らかではない。道徳経は老子の作である。
荘子…老子の教えを発展させる。
法家…商鞅や韓非によって説かれた思想。
商鞅(しょうおう)…秦の孝公に仕え、変法を実施し、富国強兵を実施。
韓非と李斯は荀子の弟子である。
②韓非(かんぴ)…戦国時代の韓の一族。韓に仕えたが、登用されず、
韓非子を著して、政治理論を説いた。
荀子の礼を実施するためには法律による強制をしなければならない
とする法治主義を主張。
③李斯(りし)…秦王の政(始皇帝)に仕え、
法家の思想に基づいた厳格な政策を提案し、採用された。
兄弟子の韓非の才を恐れ、毒殺した。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。