道教の成立

秦・漢時代から始まり、魏・晋時代に最も盛んになった、
仙人と長生不死の観念が結合した神仙思想
道教の起源をなす思想で、太平道、五斗米道にも影響を与えた。
魏晋南北朝時代に流行した、無為自然を理想の生き方とする
老子、莊子が説いた老荘思想が流行った。
後漢末太平道、五斗米道を源流とした中国固有の道教
北魏時代に教団を確立した。
儒教・仏教とともに三教と称される。
北魏寇謙之(こうけんし)太武帝に信任を受け、五斗米道(天師道)を改革して、
新天師道を確立した。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。