バトゥの「西征(ロシア・東欧遠征)」

バトゥはまず始めに、
ヴォルガ川湖畔からキプチャク(トルコ系遊牧民に由来)大草原(カスピ海、黒海、カフカスの北部一帯)を征服。
1237年ルーシ(ロシア)侵攻
キエフを始めとするロシア諸都市を攻略し、キエフ公国を壊滅。
1241年、ポーランド・ハンガリーに侵攻し、
ポーランド西部レグニッツアに近いワールシュタット(=死の土地)
シュレジェン候ハインリヒ2世率いるドイツ・ポーランドの諸侯連合軍を大破。
敵軍の数を調べるために、死体の右耳をそぎ落としたところ、大きな袋9つ一杯になったと言われる。
その後ハンガリーの首都ペストも攻略して、ウィーン郊外にまで到達したが、
1241年オゴデイが死去したために、
モンゴル軍は遠征を中止した。
もしオゴデイが死ななかったらヨーロッパは・・・

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。