第2回日本遠征(弘安の役)

第2回日本遠征(弘安の役)の目的
モンゴルは南宋を滅亡させた後、元朝にとって南宋の兵士の取り扱いが問題化
  • 南宋の兵士に俸給を払う→財政圧迫
  • 南宋の兵士を放置→兵士が不満→反乱
そこで、南宋の兵士の中から志願者を募り、海外遠征に振り向けることにした。
近隣国には迷惑極まり無い話である。
江南軍の大多数の兵士は南宋の兵士で、
農具を所持しており、上陸に成功したら屯田兵として活動。
棄民集団だった。
第2回日本遠征(弘安の役)の経緯
1281年6月高麗を出発した東路軍4万人
寧波(ニンポー)を出発した江南軍10万人を派遣。
軍の中には水夫や調理師なども含まれていたため
実質戦闘要員は6~7万人と推測される。
対する日本側は周到に準備をしており、
石築(いしづき)地などを作り、
さらに実動部隊はモンゴル軍を上回る12万人
元軍は上陸を許されず、
8月1日台風に襲われ、大損害を被り、帰国の途についた。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。