吐蕃(とはん)

吐蕃7世紀にチベットで、ソンツェン・ガンポが建国した国。
都はラサで、ポタラ宮殿というチベット仏教と政治の中心となる施設が17世紀に建てられた。
吐蕃は強大な国で、唐に恐怖を与えた。恐怖の結果、
ヴァルダナ朝王玄策(おうげんさく)を使者に出し、友好関係を強化し、
また、吐蕃に皇女(文成公主(ぶんせいこうしゅ))を降嫁させ、ソンツェン・ガンポの息子の妻となった。
吐蕃はインド系の仏教を受容し、チベット仏教の基礎が形成された。
また、インド系の文字を元に、独自のチベット文字が作られた。
安史の乱の後吐蕃は勢力を拡大し、敦煌を占領。一時763年には長安まで攻め入った。
ラサには唐蕃会盟碑が立てられ、両国の和約を記したもので、漢語、チベット語で書かれていた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。