五代十国時代

朱全忠が建てた後梁(こうりょう)は中華大陸を統一することなく、わずか16年で滅び、
そののち、後唐、後晋、後漢、後周たった50年の間に華北で5王朝が入れ替わった。
後唐、後晋、後漢突厥系節度使(沙陀部)が建てた王朝で、
後唐(都は洛陽)以外はすべて都は開封(汴州)
後晋は建国時の見返りに、契丹に燕雲十六州を与えた。
後周のもまた、唐の帝と同じく仏教を弾圧。
北魏の太帝、北周の帝とともに
これらの仏教弾圧を総称して、
三武一宗の法難という。
江南などの地方では10の王朝
(前蜀・後蜀・呉・南唐・呉越・閩(びん)・荊南(けいなん)・楚・南漢・北漢)が成立しては滅びた。
この分裂した中国史上最も血なまぐさく、暗い時代五代十国時代という。
武断政治・・・武人による武力で行う専制的な政治
下克上が続き、
武断政治により、
門閥貴族の没落がおこった。
代わって台頭したのが、
佃戸制に経済的基盤をもつ
新興地主層(宋代には形勢戸と呼ばれた)。
官僚を出した家は官戸と呼ばれ、
新たな支配層である士大夫の基礎となった。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。