宋の中央集権化
スポンサーリンク

 遼の成立

北アジアに強大な勢力をふるっていたトルコ系のウイグルは、840年にイェニセ川上流のキルギスにより崩壊して、西遷。これは北アジアの民族交替を意味する。

この間を縫って、モンゴル高原で勢力を握ったのはモンゴル系の契丹(きったん)族(キタイ)である。契丹はシラム=レン・ラオハ=レムン流域で遊牧生活を送っていた一部族に過ぎなかった。

10世紀初め、耶律阿保機(やりつあぼき)が契丹の8部族を統合して、916年、大契丹国を建国。都は内モンゴルの上京臨潢府(じょうきょうりんこうふ)947年第2代太宗が没し、3代目世宗が中国風に国号を遼と改名。

遼の拡大

926年、遼は渤海を滅ぼす

936年、第2代耶律堯骨(やりつぎょうこつ/太宗)のときに、五代後晋の石敬瑭の建国を援助した代わりに、河北省と山西省の一部に当たる燕雲十六州を割譲させ、華北に進出。その後、太宗は後晋を946年に滅ぼし、華北の大部分を支配したが、漢民族の反発にあい、撤退した。

宋との関係

遼は第6代聖宗のときに、燕雲十六州の奪回をはかろうとする宋に攻撃を仕掛け、1004年、澶淵の盟を結ばせ、宋を兄、遼を弟として、毎年多額の歳幣を贈られる見返りに、国境の維持を約束した。

統治機構

遼は自らの土地と自分の民族性を保ちながら、中国本土を支配した最初の征服王朝(ウィットフォーゲル命名)。異なる生活文化を持つ民族を支配するために、北方の遊牧民には部族制を用いて、北面官が統治。漢人などの農耕民族には土地を単位に州県制を用いて、南面官が統治した。これを二重統治体制という。

北面官の最高行政機関を北枢密院といい、南面官は南枢密院と呼ばれた。

遼の文化

遼は文化面では宗教的にはシャーマニズムであったのだが、仏教に感化されて、寺院や白塔を建立し、アルタイ語族だったが、ウイグル文字や漢字の影響を受けて、独自の契丹文字を作った。

遼の滅亡と西遼

天祚帝が即位した当初は政治をきちんと行っていたが、途中から政治を顧みなくなり、人心が離反。なお悪いことに、女真族の完顔阿骨打が挙兵して勢力を拡大しており、天祚帝は討伐を試みたが、大敗。東北全域を奪われた。天祚帝が西走し、兵を集めて反撃したが、金軍に攻められた。1125年、広州新城で金と宋の挟撃を受けて、滅亡する。

その後、天祚帝が西走した際に、耶律淳が燕京で即位。そして、北遼と西遼に分断。耶律淳の後ろ盾だった耶律大石は、ごく僅かな兵を率いて、外モンゴルに移り、遼の支配が残っていた地域に西遼を建国。その後、90年間中央アジアの強国として君臨した。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。