享徳の乱

スポンサーリンク

情勢

関東の支配体制は、鎌倉公方と関東管領を2大頂点としていた。鎌倉公方は伝統的守護家に支えられ、管領上杉氏は中小国人衆に支えられていた。

乱の内容

幕開け

嘉吉の変後、足利成氏(あしかが しげうじ)は、鎌倉公方となった。

1454年12月17日、彼は関東管領上杉憲忠(憲実の子)と家宰の長尾実景親子を西御門の御所に呼び出し、その場で暗殺した。

同時に武田・里見・印東ら近習衆らと下野国の国人らが山内上杉氏の邸に夜襲をかけ制圧。

山内上杉家の有力家臣・長尾景仲がその領国である上野国に帰っていた際のスキを付いた出来事であった。

1455年1月6日に上杉憲忠暗殺の報が京に届くと、これを聴いた幕府は成氏討伐に動いたが、このことは24年間にも及ぶ享徳の乱の幕開けとなった。

鎌倉焦土化

1455年幕府方の今川範忠の軍勢が、6月16日に鎌倉へと侵攻開始。今川家の軍勢は鎌倉公方・足利成氏の邸から始まって、民家や寺社に火を放ち、「永代鎌倉亡所」と言われるほど焼きつくした。

成氏はまもなく、鎌倉を追われ、下総の古河を本拠地とすることとなった。これが、古河足利氏の始まりである。古河公方は小山氏・宇都宮氏などの豪族層の支持を得て、利根川を境に関東の東北エリアを支配した。関東西南エリアには、上杉氏を中心とするエリアもできた

和睦と戦乱

足利成氏と上杉氏間の和睦

上杉家の講和依頼

1477年7月に鉢形城に孤立した長尾景春救援のために、足利成氏は1477年12月上杉家本拠白井城にむけて北へ軍を動かした。12月27日に両軍衝突の寸前状況になった。そこで上杉家が簗田持助に講和の仲介を依頼した。

受諾

1478年1月1日、古河公方・足利成氏の家臣、関宿城主・簗田持助が、上杉家家宰長尾忠景(ただかげ)のもとに使者を派遣し、興和の受け入れを受諾した。講和に反対した長尾景春は太田道灌によって鉢形城を攻めをとされた。

足利成氏と幕府間の和睦

1482年、成氏と幕府の間で和睦が成立。

戦国の世へ

しかしながら、関東は他に先んじて、戦国の世に突入した。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。