ヤマト政権の成立と政治制度

古墳時代

ヤマト政権とは古墳時代前期に畿内で形成された政治連合。政治連合の首長は「大王」 (おおきみ)。

大王

スポンサーリンク

勢力範囲

雄略天皇が中国の宋の皇帝に送った上表文や、千葉県稲荷台1号墳から出土した鉄剣や、埼玉県稲荷山古墳から出土した鉄剣、それに熊本県江田船山古墳から出土した鉄剣に刻まれている銘文から東国から九州まで支配していたと考えられる。ヤマト政権は、地方の豪族を屈服させる一方で、豪族たちを国造(くにのみやつこ)に任命することで、支配権を保証した。

直轄地

大君の直轄地を屯倉(みやけ)といい、そこを耕作するために、労働力を提供する人たちを田部といった。

豪族領

田荘(たどころ)と呼ばれる私有地をもち、部曲(かきべ)と呼ばれる私有民が耕した。部曲は蘇我部、大伴部など付属する豪族に合わせて呼ばれた。

※豪族や朝廷支配下の人たちの集団を部民(べのたみ)と呼ばれた。

氏姓制度

ヤマト政権は、5世紀末から6世紀にかけて、氏姓制度(しせいせいど)という支配制度を整えた。各地の豪族は、血縁的共同体や同族集団である氏(うじ)に編成された。氏は多くの家から構成され、その長である氏上(うじのかみ)を代表として中央へ送り出した。また、各地の氏は、祖先神や守護神を氏神(うじがみ)様として祀った。

ヤマト政権に従った氏は政治的地位や性格に合わせて、姓(かばね)を授かった。姓とは社会的地位を表す称号。

姓の種類

臣(おみ)とは、大和国の有力豪族に与えられた姓。平群(へぐり)、蘇我(そが)、葛城(からぎ)、吉備(きび)、出雲(いずも)などの氏に与えられた。

連(むらじ)とは、特定の職能を担当する有力豪族に与えられた姓。大伴(おおとも)、物部(もののべ)、中臣(なかとみ)、忌部(いんべ)などの氏に与えられた。

君(きみ)は、地方の有力豪族に与えられた姓。筑紫(つくし)、毛野(けぬ)、磐井の乱の磐井など。

直(あたえ)は、一般の地方豪族に与えられた姓。凡河内(おおしこうち)など。

造(みやつこ)は、特定の職能を担当する一般の豪族に与えられた姓。衣縫(きぬぬい)・穴穂部(あなほべ)など。

首(おびと)は、特定の職能担当あるいは渡来系豪族(大陸人)、県主(あがたぬし)に任ぜられた地方豪族に授けられた姓。海部(あまべ)・西文(かわちのふみ)、志紀(しき)など。

伴造

伴造(とものみやつこ)は職能集団のトップリーダー的姓。直などの姓を授かった。伴や品部(しなべ)といった集団が支えた。

品部
錦織部

錦織部(にしごりべ)とは高級絹織物のしごとに従事した品部

韓鍛冶部

韓鍛冶部(からかぬちべ)とは鉄器制作を担当をする品部

鞍作部

鞍作部(くらつくりべ)は馬具を担当する品部

陶部

陶部(すえべ)とは製陶を担当する品部。土師部(はじべ)とともに担当した。

蘇我氏

政権の財政を担当。政権の三蔵(みつのくら)を管理。三蔵とは斎蔵(いみくら)、大蔵(おおくら)、内蔵(うちつくら)のこと。

物部氏

政権の軍事を大伴氏とともに担当。

石上神宮

石上神宮(いそのかみじんぐう)とは物部氏の氏神。ヤマト政権下では武器庫でもあった。

石上氏

物部氏は奈良時代には権威が失墜し、物部氏とは名乗れなくなり、石上氏と呼ばれるようになった。

ヤマト政権の地方運営

国造(くにのみやつこ)や県主(あがたぬし)、それから稲置(いなぎ)を姓の代わりに任じた。

国造制

ヤマト政権に従属した地域共同体のうち重要とされたものが県(あがた)とされ、その首長が県主とされていた。その後、国造制が始まり、有力豪族を国造に任命。国造の数は一時は百数十の数に到達。国造は統治権を与えられる代わりに、子女や子弟の出仕、地方特産物の献上が義務とされた。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。