推古朝の政治

スポンサーリンク

隋による中国統一

くわしくはを参照。

北朝から起こった隋が南朝の陳を滅ぼして、およそ400年ぶりに統一王朝が成立した。
隋は律令を整備するとともに、周辺諸国への圧力を強め、589年以降幾度となく高句麗へと遠征軍を派遣した。
朝鮮3国や倭国はこの世界帝国の強圧に対する対策を迫られた。

崇峻天皇暗殺事件

蘇我馬子は厩戸王(うまやどのおう)の父・用明天皇、ついで崇峻天皇(すしゅんてんのう)と、蘇我氏出身の妃が産んだ皇子を即位させ、権力の集中を図った。崇峻天皇は蘇我馬子が立場的に下なのに馬子が権力を握っているのが面白くなかったらしく蘇我馬子暗殺計画を立てたが、蘇我馬子に漏れたために、崇峻天皇は東漢直駒(やまとのあやのあたえこま)によって暗殺された。

推古天皇の即位

蘇我馬子や諸豪族は王位継承の危機に際して、欽明天皇と蘇我堅塩媛(そが の きたしひめ)との間に生まれ、欽明天皇と石姫(いしひめ)の間に生まれた敏達天皇の后となっていた額田部王女を、初めての女性天皇として即位させた。これが推古天皇である。奈良県・橿原市(かしはら)の植山古墳は推古天皇の陵墓とされている。

摂政・厩戸王

593年、推古天皇の甥の厩戸王(うまやどのおう)は、政権に摂政として参画した。

厩戸王の政策

冠位十二階の制

603年に氏族制度とは異なる原理で豪族を再編するために定められた。個人に対し、徳・仁・礼・信・義・智をそれぞれ大小に分けた冠位を与えて、王権組織を再編した。それぞれ紫・青・赤・黄・白・黒の6色の冠を授けたものである。個人の才能や業績、忠誠によって授けられ、官人一代限りであり、また功績によって昇進するのも可能であった。これは中国の官品や、朝鮮諸国の冠位を模範としたものであった。なお、この冠位を授けられたのは、中央豪族のうちの大夫(まえつきみ)層以下であり、大臣家の蘇我氏や王族、さらに地方豪族はあ冠位授与の例外であった。

憲法十七条

604年に官僚制に再編されるべき諸豪族たちに国家的な官僚としての自覚を求め、政治的服務規程や道徳的訓戒を示したものである。隋との外交交渉の場では、倭国の政治理念を示した。

憲法十七条(十七条の憲法)の一覧

  1. 和を尊ぶこと

  2. 仏教を敬うべきこと

  3. 天皇に服従すべきこと

  4. 礼法を基本とすべきこと

  5. 訴訟を公平に裁くべきこと

  6. 勧善懲悪を徹底すべきこと

  7. 各々の所掌事務を守るべきこと

  8. 早く出仕して遅く退出すべきこと

  9. 信を義の根本とすべきこと

  10. 怒りを捨てるべきこと

  11. 官人の功績と過失によって処罰を行うべきこと

  12. 国司・国造は百姓から税を不当に取らないこと

  13. 官吏はその官司の職掌を熟知すること

  14. 他人を嫉妬すべきではないこと

  15. 私心を去るべきこと

  16. 人民を使役する際には次節を考えるべきこと

  17. 物事を独断で行わず議論すべきこと

なぜ十七条なのか

なぜ十七条かというと理由は陰陽道。全ては陰と陽からなるとされ、数字の世界にもあった。陽の最高数が9、陰の最高数が8これを足して17になる。

国史の編纂

この頃から国家意識が芽生え始め、「天皇記」や「国記」、「臣連伴造国造百八十部公民等本記」(おみむらじとものみやつこくにのみやゆこももあまりやそとものおあわせておおみたからどものもとつふみ)がまとめられた。受験生は「帝紀」「旧辞」とよく間違える。蘇我馬子と聖徳太子によってまとめられた。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。