伊豆討ち入り

戦国時代
スポンサーリンク

堀越公方御家騒動

堀越公方、足利政知の死

1491年4月3日、足利義政の異母弟である足利政知が伊豆(現在の静岡県)で亡くなった。はじめは天竜寺香厳院主だったが、鎌倉公方・足利成氏が古河で挙兵したため、これに対抗すべく1457年、還俗(げんぞく)して関東に下向した。
しかし、関東諸将の反発にあい、関東には入られなかった。そのため、伊豆国堀越(静岡県伊豆の国市韮山町)にとどまり、堀越公方と呼ばれるようになった。

家督争い~茶々丸vs円満院・潤童子

足利政知の長男・茶々丸と継母の円満院・弟の潤童子との争いが発生。茶々丸は円満院と茶々丸を殺害し、公方の地位に着いた。
→その後も混乱続く

茶々丸の外山豊前守らを殺害

伊豆は内乱状態になった。

北条早雲の伊豆討ち入り

駿河守護・今川氏親の伯父・北条早雲(伊勢新九郎盛時)は堀越御所を襲撃した。その後、茶々丸は甲斐国に逃れるが、1498年、北条早雲によって滅ぼされた。

北条早雲と潤童子の関係性

京都で細川政元により、明応の政変が同年発生したが、足利義澄は足利政知の次男で、茶々丸に殺害された兄にあたり、今川氏親と北条早雲とは政治的に親しかった。明応の政変とは関連性がある。といえる。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。