阿波商人と江戸時代~前略編~

徳島
スポンサーリンク

阿波国の中心地

戦国時代末期の中心地=勝瑞(しょうずい)…三好長慶(みよし・ながよし/ちょうけい)の居城。旧の吉野川に近い場所にあった。

三好長慶が京都・堺にも勢力を伸ばしていたことも考慮すると、
川や海で堺とつながっていたことが解る。

豊臣秀吉の四国征伐のあと、阿波一国を任された、
蜂須賀氏は、最初の居城・一宮城のあと、吉野川河口部の徳島へ移る。

城下町の機能

城下町の中心=城である。

城の役割

戦争時

「要塞」、堀は防衛のために。

平時

「政治・支配」の拠点。

領国支配

市場を掌握し、経済の活性化必要。
→経済の活性化には、商品流通の円滑化が必要。
→堀は水路になる。

徳島城下

城下町=武士の町=町人の町

阿波の町は阿波の地形に左右されて、川が戦時には堀として、平時には水路として機能。

大坂では

町人が出資して、堀を建設。
(今の道頓堀)

 

日本の中での徳島

北東は近畿地方へ、北は瀬戸内地方から九州北陸へ、南東は紀伊半島から関東・江戸へ。
→全国に繋がりやすい位置。

江戸時代で裕福になる方法。

農書

裕福な農家になるには、近くに市場があれば良い。
→商品生産と販売が農家を豊かにする。

経済的繁栄条件

  1. 良い製品を生産できる。
  2. 市場へのアクセスが良い。

各藩の経済的繁栄条件につながる。

商品作物

…中世から近畿地方へ移出。(「兵庫北関入船納帳」など)
木材…山間部の杉・檜材はかなり良質として有名。
塩…鳴門の斎田塩など
砂糖…阿波和三盆糖は今でもブランド
たばこ…最近まで生産していた。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。