阿波商人と江戸時代~繁栄編~

徳島

SnapCrab_NoName_2016-7-20_17-42-54_No-00

→阿波(現在の徳島県)は他の四国より圧倒的!!

スポンサーリンク

享保年間の藍商人の活躍

江戸での藍玉販売は、江戸時代初期より江戸の商人を通じて行う決まりだった。しかし、18世紀初頭(1700年代頭)より、阿波出身者が販売を始めた。それにより江戸商人に藍玉が流通しなくなった。1731年に江戸商人がたまらず幕府に訴えた。(「藍玉一条江戸問屋共願出覚書」より)江戸商人による幕府に対する規制強化の訴えに対して、幕府は、徳島藩に対策を委ねた。徳島藩の提案により、結局、江戸の仲買商人に阿波出身の商人も入れることで決着。

江戸市場に進出する阿波商人

当時、限られた土地しかない狭い江戸で持ち家を持っているのは、5%未満しか居なかった。江戸時代には、持ち家を所有できることは裕福な商人であることを証明した。
江戸の市中に家を持っている商人は16人もおり、江戸近郊には20人も居た。藍の商品価値の高さで阿波の藍商人が江戸で裕福になれた。

鳴門の廻船問屋・山西家

江戸時代末期から明治にかけて活躍した鳴門の廻船問屋山西家は19世紀後半から鳴門を拠点に経営。徳島からは江戸や大坂に塩や藍を売り出し、江戸・大坂からは阿波国内へ肥料や米などを積み帰って、阿波国内で売りさばいた。

つまり、藍を販売することで、平地が少ないのにために、田畑が少なかったが、米を代わりに輸入することで全国10番目の人口の胃を満たし、吉野川でも足りない肥料を補い、さらなる藍の生産に励んだのである。

流通展開

全国に阿波の商品を売り出し、阿波に必要な商品を買い入れる。阿波の商品生産にとって重要な流通をになっていた。阿波国内もさらに結んでおり、阿波国内と全国を結んだ。

山西家が建立した寺と天井画

北陸が最も多い。大坂よりも江戸が多い。地域的には茨城から長崎あたりまで、全国に広がっていた。

江戸時代の徳島の経済力

江戸時代の経済は、水運によって流通していた。徳島には良好な港があった。鳴門もその1つ。紀伊水道から太平洋を通じて東日本の太平洋側、瀬戸内海から瀬戸内地域、九州、山陰北陸へとつながっている地理的条件のため、全国市場につながりやすい好立地にあった。

「繁栄の地」番付

徳島の経済力は全国的にもかなり上位で、江戸時代後期の徳島は、全国「繁栄の地」番付でも「西の前頭」。番付は横綱、大関、関脇、小結、前頭の順なのでお分かりいただけるだろう。

まとめ

阿波国では江戸時代初期から商品生産が盛ん。全国に向け良い商品を売り出せる。良い商品生産のためには、肥料が大量に要り、土地に合わない人口のため、食糧米が大量に必要だった。そのため、全国から買い入れる必要があった。その結果、前述の流通に阿波商人が活躍し、徳島の地が繁栄した。

参考

徳島大学総合科学部 桑原恵
阿波商人の活躍と江戸時代の経済

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。