承平・天慶の乱〜平将門の乱と藤原純友の乱〜

平安時代中期
スポンサーリンク

背景と関連用語

桓武平氏

桓武平氏(かんむへいし)桓武天皇の曾孫で
東国に早くから土着した高望王(たかもちおう)
平姓(たいらー)を与えられたことから始まります。

桓武平氏は関東で一大勢力をまず築いていきます。
高望王は上総介となりました。

「東国」

では、その桓武平氏の土着の地、
「東国」とはどんな土地だったのでしょうか?

万葉集では、
「東国」「あずま」とよみ、
枕詞は「鶏が鳴く」でした。

「鶏が鳴く」というのは、
朝廷のある
畿内の上方の人たちにとっては、
東国の方言はわかりにくいという、
ちょっとした差別意識もふくまれています。

東大寺諷誦文稿とうだいじふじゅもんこうでは、
「東国の方言」や「毛人の方言」、
「飛騨の方言」は、
侮蔑の対象としてみられていました。

そんな貴族たちが
東国を蔑視するのは、
東国の武力が優れていたため
貴族が東国の力を恐れたためだとも考えられます。

続日本紀にも、

「東国の人は、
額に矢が立つことはあっても、
背中には立たず」

『続日本紀』神護景雲3年(769年)

と書かれています。

これは、東国の兵士は、
敵に背中を向けるようなことはない
という勇敢さをたたえた文章になっています。

そのため、畿内の貴族は、
東国の民を恐れたのです。

東国武士として有名なのは、
防人(さきもり)が代表的です。

そんな畿内に抑圧された
東国の人たちは、
乱をおこすことになります。

承平・天慶の乱

以下の2つの乱を合わせて、
年号にちなんで
承平・天慶の乱(じょうへい・てんぎょうのらん)といいます。

平将門の乱藤原純友の乱ともいわれます。

 

承平天慶の乱は、
中央政府の軍事力の低下や無力さを暴露するとともに、
地方武士の実力を朝廷に知らしめた事件といえます。

平将門と平将門の乱

乱の発生

朱雀天皇の時代(930年~946年)のころに、
平将門の乱が発生します(935年~940年)。

 

下総国猿島(しもうさーさしま/現在の茨城県)
根拠地とする高望王の孫平将門(たいらのまさかど)がいました。

 

平将門も桓武平氏です。

 

935年から婚姻問題と所領問題で、
一族の間で私闘を繰り広げていた
叔父の平国香(たいらのくにか)を合戦で殺害したところ、
朝廷の追討対象となってしまいました。

 

939年、
常陸国(ひたちー/現在の茨城県の大半)
国司の無道ぶりを訴えてきた
常陸の豪族・藤原玄明(ふじわらのはるあき)
とともに反乱を起こしました。

乱の流れ

将門は常陸国衙(こくが)を攻め落とし、
国司の証である印鑑(国印/こくいん)などを奪い、
そのまま国衙を焼き払います。

 

国衙は律令国家の支配組織の国司を参考に!

 

下野国(しもつけー/現在の栃木県)・上野国(こうずけー/現在の群馬県)国衙を攻め落とし、
下野で新皇(しんのう)と自ら称するようになります。
関東の独立を宣言されました。

承平の乱(平将門の乱)の地図

平将門の乱の地図

つかの間の関東独立の伝説でした。

乱の鎮圧

朝廷はこれを押さえるために、
藤原忠文(ふじわらのただぶみ)を征東大将軍として東国に派遣します。

 

しかし、その到着を待たずに、
平国香の子・平貞盛(たいらのさだもり)
下野国の豪族で下野国の押領使である
藤原秀郷(ふじわらのひでさと)らによって、
平将門の本拠地を強襲し、この乱は平定されます。

 

平将門は矢にあたって討死してしまいます。

平将門の首塚

平将門の首塚は将門塚として、
東京都千代田区に祀られています。

伝説

wikipediaによると、

関東大震災後の跡地に大蔵省の仮庁舎を建てようとした際、工事関係者や省職員、さらには時の大臣早速整爾の相次ぐ不審死が起こったことで将門の祟りが省内で噂されることとなり、省内の動揺を抑えるため仮庁舎を取り壊した事件や、第二次世界大戦後にGHQが周辺の区画整理にとって障害となるこの地を造成しようとした時、不審な事故が相次いだため計画を取り止めたという事件

があったようです。要するに平将門の首塚を撤去しようとすると怨霊に殺されてしまうという伝説ですね。

 

将門記

日本初の軍記物として、
『将門記』(しょうもんき)
平将門の乱を扱ったものとして
書かれました。

 

「将門記」には、
平将門の乱の経緯が、
くわしく記載されています。

 

非常に多くの出来事が、
こと細かく書かれているため、
10世紀の武士がどういうものであったかを、
イメージするのには、
将門記はピッタリなものでした。

 

将門の乱を考えることが、
10世紀の社会を見つめなおすことに通じるのです

 

今の日本は、
中央集権があまりに強くなり過ぎた結果、
地方には不満がたまるとともに、
地方の衰退がすすんでおります。

 

21世紀前半は、
おそらく、平安時代中期から末期にかけての、
地方武士が徐々に勢力を強めたように
新たな勢力が登場するかもしれませんね。

 

藤原純友の乱

乱の発生

939年、伊予国(現在の愛媛県)の元伊予掾(いよのじょう)、
つまり国司の地位であった藤原純友(ふじわらのすみとも)
任期を終えても都に戻ることはありませんでした。

 

地元民の苦しい生活を聞き入れた藤原純友
そのまま伊予国日振島(ひぶりじま)を拠点に
瀬戸内海の海賊を率いて反乱を起こしました。

これが藤原純友の乱です。

 

伊予国の国府を奪い、
西は大宰府から東は淡路島まで攻略しています

 

乱の鎮圧

朝廷の命により藤原忠文
今度は征西代将軍として、西国へ派遣されます。

 

しかし、今回も小野好古(おののよしふる)
清和源氏の祖・源経基(みなもとのつねもと)らによって
藤原純友は討死してしまいます。

藤原忠文はどちらの乱にも派遣されましたが、
仕事を先にとられてしまいました。
早く仕事しないと、
仕事をとられてしまうということですね。

 

承平・天慶の乱の収束後

朝廷や貴族たちは武士を
積極的に侍として
用いるようになりました。
また地方の武士を
館侍(たちざむらい)
国侍(くにざむらい)
として
国司のもとに組織するようにります。

 

「国の内の然るべき兵ども」「館のものども、国の兵ども」

                       ~館侍・国侍について~『今昔物語集』

 

さらには、
諸国の追捕使(ついぶし)
押領使(おうりょうし)武士を任命して、
治安維持を分担させるようになりました。

 

追捕使は、
盗賊や反乱者を追捕するため
派遣されるもの。

押領使は、
内乱などの際に、
兵士を統率するものです。

追捕使や押領使はどちらも
しだいに全国の多くの国に
置かれていきました。

 

その結果、
刀伊の入寇の際にも、
大宰府権帥・藤原隆家主導のもと、
地方武士がよく組織されていたので、
撃退することができました

参考文献

[amazonjs asin=”4642063145″ locale=”JP” title=”平将門の乱 (戦争の日本史4)”]

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。