平安時代の国際関係と刀伊の入寇

平安時代中期

9世紀から10世紀にかけて東アジア諸国は激動の時代を迎える。

スポンサーリンク

諸国の変動

中国

華北・華南

中国では唐が政権を握っている時代であったが、8世紀半ばの安史の乱の影響で国は荒れ、ついに黄巣の乱を契機に907年滅んでしまう。979年に宋が中国を統一するまで、五代十国時代が続き、混乱時代を呈すこととなる。

東北部

耶律阿保機(やりつあほぎ)に率いられた契丹族(きったんぞく)が遼(りょう)を916年に建国し、926年、渤海を滅ぼした。

朝鮮半島

新羅でも内乱が続き、各地に勢力が割拠し、935年、高句麗の子孫を称する王建(おうけん)により建国された高麗(こうらい)により新羅は滅びる。

参考内部リンク

詳しくは

を参考にしてください。

日本の対応

積極的な孤立主義をとる。

遣唐使中止の建議

9世紀末、遣唐大使に任命された菅原道真は、当時唐に滞在し、その疲弊を目にしていた僧侶の中瓘(ちゅうかん)の報告により、唐の疲弊と航路の危険を知り、それを理由に遣唐使船の停止を宇多天皇に建議し、受容された。

交易

遣唐使船廃止後も中国・朝鮮からの政治的使節は流入、商人ともやり取りは続いた。国家的交渉は拒絶した。宋が中国を統一すると、以前に比べて海を挟んだ物流は盛んになった。しかし、宋が建国された後も、日本はこの国と正式な国交を開かなかった。

10世紀頃までは日本から大陸へは金・銀・絹・綿花などが輸出され、大陸からは対価として、陶磁器や薬品、仏教の経典・仏具・仏像などがもたらされた。

10世紀になると、菅原道真の漢詩文集や源信の「往生要集」が中国に送られた。
円仁が書いた「入唐求法巡礼行記」も当時の国際関係を知る重要な手がかりである。

入宋僧

奝然

奝然(ちょうねん)は10世紀後半入宋して、太宗に謁見し、釈迦如来像を持ち帰った。その釈迦如来像は清凉寺(せいりょうじ)に安置されている。

その他の入宋僧

  • 弱照(じゃくしょう)
  • 成尋(じょうじん)

参考内部リンク

藤原家の他家排斥に菅原道真の詳細が載ってます。

刀伊の入寇

1019年、刀伊の入寇(といのにゅうこう)が起こる。これは女真族が博多湾に侵入してきた事件である。この民族は後に金を建国する。

刀伊の入寇

大宰権帥・藤原隆家によって刀伊たちは撃退される。刀伊によって掠奪された日本人捕虜は高麗によって奪還され、日本へ送還された。

 

日本の国境と穢れ思想

「四方の堺、東方は陸奥、西方は小値嘉、南方は土佐、北方は佐渡」

儀式書

東は「俘囚の地」から西の「貴賀の島」まで商人が活躍する書物

『新猿楽記』

とあり、この時代には日本でも国境の概念がすでに存在していた。

9世紀になると、日本は対外的孤立主義政策をとるようになり、また、貴族社会でも穢れ(ケガレ)の概念が発達すると国境より外の地域を「穢れた地」とする外国への差別意識も生まれた。海外の人を「外人」と呼ぶのも穢れ思想から来ているものと思われる

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。