ゲルマン民族の王国

西ゴート王国とフランク王国は別記事参照。

スポンサーリンク

東ゴート王国

フン人征服時代

過去記事参照。

英雄テオドリック大王の時代

人質時代

わずか7歳で、東ローマ帝国の人質としてコンスタンティノープルのゼノン皇帝のもとに送られて宮廷で育った。ラテン語やギリシア語を学んだテオドリック大王はローマ文化に心酔するとともに、帝国の力と弱さを見極めた。

東ゴート王国の建国

東ローマ帝国皇帝の許可のもと、部族を率いてイタリアに攻め入り、20年弱続いたオドアケルの王国(476年~493年)を破り、ラヴェンナを首都に定めて、東ゴート王国を建国。

テオドリック大王の政策

ゴート人が軍事面をローマ人が内政面を担当することで王国の安寧が保たれると考えた。しじでローマ役人を徴用して、イタリア支配を行った。

また、フランク王国国王クローヴィスの妹と結婚し、他のゲルマン諸族との同盟体制にも務めた。しかし、その結果、ビザンツ帝国から警戒されてしまう。

東ゴート王国の滅亡

6世紀半ばに、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)のユスティニアヌス帝により征服される。

ヴァンダル王国

ガイセリックによる建国

429年、ガイセリックはアフリカ北岸にあるカルタゴの故地にヴァンダル王国を建国した。

滅亡

6世紀半ば、ビザンツ帝国により滅ぼされる。

アンダルシア地方とヴァンダル王国

南スペインのことを「アンダルシア」と呼ぶのはヴァンダル王国に由来する。

ブルグンド王国(ブルグント王国)

建国

現在のフランス東南部からスイスにかけてブルグンド王国(ブルクント王国)が建国。

滅亡

6世紀にフランク王国に滅ぼされた。

ブルゴーニュ地方とブルグンド王国

赤ワインの産地で知られるブルゴーニュ地方はブルグンド王国に由来する。

ロンバルド王国(ランゴバルド王国)

建国

北イタリアの東ゴート王国の故地にロンバルド王国が建国。

滅亡

ローマ教皇と対立し、ローマ教皇を圧迫していたために、ローマ教皇と同盟関係にあったフランク王国のカール大帝によって滅ぼされた。

ロンバルディア地方とロンバルド王国

イタリア第二の人口を擁し、イタリア最大の経済都市ミラノがあることでも知られるロンバルディア地方の名はロンバルド王国に由来する。

アングロ=サクソン七王国

ブリタニアへの侵入者

現在のイギリスにあたるブリタニアでは他のヨーロッパとは違う方法でローマ文明は滅んだ。その方法とはじわじわと浸蝕する他の地域と違い、そっくりそのままゲルマン人が移住するというものであった。

北海からの侵入者

フリジア族・ジュート族・アングル族・サクソン族が北海沿岸より襲来。

ケルト人・ローマ人を征服

アングロ=サクソン言語の人たちがどんどん入植していった。その結果、現在のグレートブリテン島の西側の半島にある現在のウェールズとコーンウォール地方にのみ、ゲルマン語にかわることなく残った。そこの先住民はグレートブリテン島の対岸のアルモリカや、スペイン北西部のガリシアへと逃れた。

ケルト人とブルターニュ地方

ブルターニュ地方はケルト人の逃亡元のブリテン島に由来する。アイルランドを除くケルト文化はブルターニュ地方の中で最果ての地を意味するフィニステール県にしか残っていない。

七王国への統合

先住民の征服後、20ほどの小王国を形成していたが、6世紀末ごろまでにイースト・アングリア、ノーサンブリア、マーシア、エセックス、サセックス、ウェセックス、ケントの七王国(ヘプターキー)に統合された。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。