フランク王国の勃興~メロヴィング朝とカロリング朝のはじまり~

ヨーロッパ世界の形成と発展
スポンサーリンク

メロヴィング朝

クローヴィス王

建国

481年、クローヴィスはフランク人を統一し、メロヴィング朝を開いた。

ガリア地方征服

486年、パリ地方のローマ人統治領(シアグリウスの国)を征服し、アレマン人・ブルグント人・西ゴート人を破り、ほぼガリア全域を支配する。

アタナシウス派キリスト教への改宗

496年、アタナシウス派キリスト教へ改宗。
イエスに祈ったら戦いに勝てたからとされるが、アタナシウス派を信奉する支配地のローマ系住民との融和を図ろうとした。

クローヴィスの受洗

他のゲルマン諸国の王たちはいち早くキリスト教を受け入れたが、それはニケーア公会議では異端とされたアリウス派キリスト教であった。
彼らはアリウス派キリスト教への信仰に固執し、
被支配者との軋轢があった。
クローヴィスの戦略で、ローマ系住民やカトリック教会との関係を円滑化したという点で、賢明な政策であった。

フランク王国だけはゲルマン諸国の中では発展して、
ついには西ヨーロッパの中心となる。

その後

フランク王国は分割相続制をとったため、511年のクローヴィスの死後、王国は分裂と統一を繰り返し、6世紀後半に東部のアウストラシア、西部のネウストリア、南部のブルグンドの3分国制が成立。それとともにメロヴィング朝は衰退。

カロリング朝

ピピン(中ピピン)

アウストラシアの宮宰であったカロリング家のピピンは7世紀末に対立しているネウストリアの宮宰を倒し、王国の再統一を図った。

 

カール・マルテル

カール・マルテルはピピンの子である。つまり、カロリング家の1人であり、宮宰職についている。

トゥール・ポワティエ間の戦い

711年に西ゴート王国を滅ばし、スペインからピレネー山脈を越えて、フランク王国領内に勢いに乗ったイスラーム勢力であるウマイヤ朝の軍隊が侵攻。
732年、イスラム勢力の侵攻に耐えかねたアキテーヌ公ウードは仕方なく、宿敵の宮宰職(マヨル=ドムス)の地位にあったカール・マルテルに支援を要請。マルテル(鉄槌の意味)は重装騎兵を中心に騎士団を編成し、イスラム勢力を迎え討ち、トゥール・ポワティエ間の戦いで打ち破る。そのため、トゥールの聖マルタン修道院はイスラーム軍の略奪から逃れることに成功する。

これでカロリング家の権威は絶大なものとなり、カロリング家の名はヨーロッパ中に響きわたる。

宮宰職(マヨル=ドムス)とは

major domusの訳語。王家の家政を司るのが本来の仕事であったが、時代が経つとともに、国内行政の最高職になり、フランク王国では各分国にも設置された。

ピピン3世

カロリング朝創始

カール・マルテルの子・ピピン3世が751年、ビザンツ帝国と対立しているローマ教皇・ザカリアスから王位継承の承認を受けた上で、クーデターによってメロヴィング朝のキルデリク3世を倒し、カロリング朝を創始する。その代償として、北イタリアのラヴェンナ地方を教皇に寄進した。

ピピンの寄進

ピピンは、承認された後、ローマ教皇の脅威だったランゴバルド人を討ち取り、奪いとったラヴェンナ地方を教皇に寄付。756年のピピンの寄進によりはじまった教皇の経済的基盤となる所領を教皇領という。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。