ペリーの来航と開港と日米和親条約

幕末

TPPが平成の黒船と呼ばれているが、あれは果たして対等であったのだろうか?

スポンサーリンク

前回

 

開国前夜~江戸幕府の手の平返し~
本来なら帝国主義のはじまりの章と、アヘン戦争の項目が先に書かなくては行けないのではあるが、みなさん、日本史がお好きなようなので久しぶりに日本史の記述となる。 背景 産業革命 産業革命の発生後、工業化が進み、工場が多く作られ、様々なもの...

 

ペリー来航

ビッドル没後のアメリカ東インド艦隊司令長官の後継者ペリー(Perry/1794~1858)はフィルモア米大統領(Fillmore/1800~1874)の国書を預かり、任務を遂行する。

ペリー初来日

1853年、ペリーが通称・黒船と呼ばれる軍艦4隻で大統領の国書を携え浦賀沖に来航。ペリーが乗艦していたのがサスケハナ号で、久里浜に上陸を果たす。ペリーその時のことを「日本遠征記」に記している。遠征という表現。

黒船

その時の将軍は徳川家定であり、老中主座は阿部正弘。

幕府はすでにその前年にオランダ商館長から来航情報を得ていたがそれまでに対策をすることができなかった。そのためか追い返すことができなかった。幕府は翌年に回答することにして時間稼ぎをするとともに、ペリーをアメリカへ一旦返す。

ペリーの二度目の来日

ペリーは軍艦7隻を率いて再度、浦賀沖に来航する。江戸湾の測量を行うといった武力的圧力を加えつつ条約の締結を無理くり迫った。

日米和親条約(神奈川条約)締結

背景

幕府はその迫力に屈し、日米和親条約を結んだ。ちなみにこの条約は神奈川宿の近くで交渉と調印が行われたので、この条約を神奈川条約ともいう。

内容

日米和親条約

12条からなる。

  1. アメリカ船が必要とする燃料や食糧などを供給すること
  2. 遭難船や乗組員を救助すること
  3. 下田・函館の2港を開き、領事の駐在を認めること
  4. アメリカに一方的な最恵国待遇(アメリカ以外の一番緩い条件の国があるならば同じ水準に自動的にすること)を与えること。
「大日本古文書 幕末外国関係文書」

日米和親条約

第一ヶ条 一日本と合衆国とハ、其人民永世不朽の和親を取結ひ、場所・人柄の差別これ無き事。

第二ヶ条 一伊豆下田・松前地函館の両港ハ、日本政府二於て、亜墨利加船薪水・食料・石炭欠乏の品を、日本に調ひ候丈ハ給し候為メ、渡米の儀差し免し候。尤下田港は約条書面調印之上、即時にも相開き函館は来年三月より相始候事。

対ロシア

プチャーチン来航

ペリー初来日と同年1853年にロシア使節プチャーチン(Putyatin/1803~1883)が長崎に来日。開国と国境の画定を幕府へ要求した。

日露和親条約

概説

1854年、下田で日露和親条約を結ぶこととなる。その全権はプチャーチンと川路聖謨(かわじ としあきら)であった。

内容

下田・函館の他に長崎も開港することを定め、国境については千島列島の択捉島以南を日本領、得撫島(ウルップー)以北をロシア領とした。樺太は両国人雑居の地として境界を定めないこととした。

まとめ

その後、アメリカは最恵国待遇のために長崎をアメリカにも開き、イギリス・オランダとも類似の内容の条約を結び、200年以上にわたる鎖国政策に終止符を打って開国することとなった。

次回

 

阿部正弘と安政の改革!
開港した日本はてんわやんわ。約2世紀に渡る鎖国をやめたが、まだ準備が整っておらず、国防の充実が急務でした。 前回 阿部正弘 備後国福山藩(現在の広島県福山市一帯)の藩主であった。藩主になったのは18歳。聡明な藩主と...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。