近代化と環境問題~明治維新の負の遺産~

環境問題
スポンサーリンク

近代化の定義

近代化とは、その国の産業化である。最近では中国がわかりやすい例でだろう。環境問題や公害問題が深刻となる。

 

定義

近代化とは、今までの契約に基づいた封建制を廃して、合理化・産業化・国民国家化したものだ。

合理化

税制等の体制の変革

産業化

基幹産業の育成。

国民国家化

日本人が日本人であると認識すること。昔は伊予、土佐、など領地内が自分のアイデンティティであった。天皇制や中央集権化などもこれの象徴である。

明治期の日本の近代化

富国強兵

当時、世界情勢は帝国主義の時代で、日本は植民地になってもおかしくなかった。植民地への脅威に晒されていた。

ドイツのような鉄血政策とアメとムチ政策のように、イギリスやフランスなどの進んだ国へと追いつくために国を豊かに発展させ、軍備増強を狙った。

殖産興業

富国強兵の手段。近代産業とその担い手を育成する政策。

「資本の貯蓄」

イギリスやフランスの先進的西欧諸国は豪農のブルジョアが中心となってそれをはたした。が、

日本の近代化としては、豪農をはじめとする担い手がいなかったので政府が近代化をなしとげた。

参考リンク

産業革命①~何故イギリスで?~

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。