近代化と環境問題~明治維新の負の遺産~

環境問題

明治期の環境問題

明治時代に古河財閥というものがあり、古河市兵衛という人が足尾銅山を開始し、日本一の銅算出を誇った。因みに富士通のルーツの人である。

所在地

栃木県西部の群馬県との境あたりにあった銅山。

事件の概要

ひとことで言うと、銅の精錬工程での亜硫酸ガスがもらす大気汚染と水質汚染が原因により森林破壊がおこり、洪水が発生。および、土壌汚染が発生し、流域に暮らす人々が苦しんだというもの。

銅とはどうして重宝されるのか。銅は電気の電気伝導性が高く、電気が普及された時期であり、愛媛県の別子銅山のように採出が盛んになった。

化学式

CuFeS2+O2→Cu+Fe+SO2

となり、公害の原因となるSOxである二酸化硫黄が算出される。

田中正造

足尾銅山鉱毒事件を告発。自由民権運動家として活躍した後、1890年に衆議院議員となる。衆議院議員の薩長出身者をはじめ話を聞かなかったので辞職。そして、不敬罪として死罪の恐れもあるなか、明治天皇に田中正造に直訴する。

名言

「真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」

谷中村廃村

明治政府はとりあわず、下流にあった栃木県谷中村(やなかむら)へ遊水池としてダムをつくり村を池の底に沈めた。古河財閥を擁護する形となった。

賠償

1974年に国は過ちを認め、鉱毒事件の和解が成立。損害賠償金の支払いを命ぜられた。

今、

金属を精製した残り滓(かす)である鉱滓(こうさい)が残っていた。2011年の東日本大震災のときに利根川へと鉱毒が流入した。堆積している以上はこういったものが起こる可能性があり、この問題は根深いものである。

スポンサーリンク
環境問題
スポンサーリンク
Suzue Yujiをフォローする
メニメニ情報局!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。