国家とはなんだ?

スポンサーリンク

国家はなぜ権力を持っているか??

社会契約説

私たちは本当はもともと何にも縛られず、自由に生きていく権利があります。それを自然権といいます。自然権とは人間として生きていくために当然持っている権利のことです。ですから、たとえばあなたのお母さんや旦那さんなどに朝早くに起こされ、眠りを阻害されることは本来はないのです。
その自然権を守ってもらうために国家と私たち国民が国家と契約を自発的に結んだものが社会契約説です。

国家の3要素

国家は、主権・領土・人民(国民)の三要素で成り立っています。ここでいう主権とは政治権力を行使する組織体を意味する。

強制的権能

 国家権力が行う政治とは、今日では社会に存在する多くの事業体が生み出す利益の矛盾対立の調整や分配を行い、秩序を維持する強権的権能と定義されている。

 多元的国家論

 国家は資本家団体、労働者団体、消費者団体など、いろいろな集団が、それぞれが特殊ば利益の追求をめざす社会集団を含む社会集団にすまない。しかし、各々の矛盾を調整する権限を使う点で、相対性な優越権をもっている。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。