環境問題への国際的な取り組み

環境問題対策
スポンサーリンク

成長の限界と国連人間環境会議

「ローマ・クラブ」による報告書

「人口の増加がつづくと、資源が足りなくなり、
経済成長は100年以内に限界に達する」

とローマ・クラブは1970年代に予測しました。

今は調子が良くて、イケイケドンドンでも、
1970年代になると経済成長がゆるやかになり、
悲観的な話がでてきました。

ローマ・クラブの話は、
突然出てきたわけではありません。
マルサスが「人口の原理」で、
かつて論じていました。
それに、関しては別記事で書きますね。

[amazonjs asin=”4478870489″ locale=”JP” title=”だれが中国を養うのか?―迫りくる食糧危機の時代 (ワールドウォッチ21世紀シリーズ)”]

1980年代の情報技術革新のおかげで、
この話は影を潜めます。

国連人間環境会議

1972年に、
スウェーデンのストックホルムで開催された、
環境問題に関するはじめての国際会議のことです。

成果

  1. 人間環境宣言の採択
    環境保全や環境の向上に関する、
    共通原則のことです。
  2. 国連環境計画の設立
    ナイロビに設置しました。
    絶滅危惧種、生物多様性の条約などの
    事務局として始動しました。

ブルントラント委員会

正式な名前は「環境と開発に関する世界委員会」です。
ちなみにブルントラントとは委員会を作ったノルウェーの首相の名前です。

「持続可能な開発」の概念(Sustainable Development/SD)が
ここではじめて生まれます。

[amazonjs asin=”1562944142″ locale=”JP” title=”Maurice Strong (Gateway Green Biography)”]

地球サミット

1992年にリオデジャネイロで開催された
環境と開発に関することを話しあった
国連環境開発会議が催されました。

当時・12歳だったセヴァン・スズキさんのスピーチ

 

 

伝説のスピーチ 環境サミット@リオ

成果

リオ宣言

環境問題に対する、行動原則のこと。

アジェンダ21

行動計画のこと
アジェンダ21全文(英語)

森林原則声明

気候変動枠組条約

温室効果ガスの排出レベルを抑えることが決まります。
しかし、排出削減量の目標の設定には失敗します。

 

生物多様性条約

京都議定書

1997年に、京都で開催された
気候変動枠組条約第3回締約国会議
(京都会議・COP3)では、
温室効果ガスの排出削減数値の目標設定に成功しました。

これを京都議定書といいます。

京都議定書はアメリカなどが批准を拒否したために、
全世界的な取り組みが遅れていましたが、
2004年のロシアの批准をきっかけに、
2005年に発効しました。

CO2削減目標

1990年と比較して、

  • EU…8%
  • アメリカ…7%
  • 日本…6%

を2008年から2012年までに削減する努力目標が
設定されました。

なお、発展途上国は削減目標がありませんでした。

京都メカニズム

排出権取引を認めることになりました。
これは目標値を超える排出削減を達成した国は、
目標値以上の削減分を他の国へと売却できるようになりました。

日本の成績

2008年~2012年のCO2排出量は
年平均で90年と比べて1.4%増加してしまいました。
元々日本は省エネが企業・家庭ともに普及していたため、
人口の増加とともに増えてしまいました。

しかし、ここから
森林吸収分と排出権取引によると
8.4%減となって、目標値を達成しています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。