バランスな貸借対照表~資産・負債・資本と財政状態~

簿記学

会計って何?でもお話したように、
企業の財政状態をみるために、
貸借対照表を使います。
では、貸借対照表とはなんでしょうか?

ちなみに貸借対照表はバランスシートともいいました?
覚えてますか?

スポンサーリンク

貸借対照表とは?

貸借対照表は以下の図のように構成されています。

貸借対照表の構造

 

 

 

 

 

 

 

 

構造

左側に資産
右側に負債と純資産がきます。

以下、列ごとに解説します。

貸借対照表の右側=お金をどこから集めたか?

負債と純資産とが
貸借対照表の
右側に並んでいます。

純資産はかつては
資本
と言っていました。

負債も純資産も
どちらも今まで会社が
お金を集めてきた
ということを
表しているんだ!!
という面では同じです。

 

では、負債と純資産のちがいとは、
なんでしょうか?

お金を集める方法

お金を集める方法には
何があるかあなたは思いつきますか?

主に3つがあります。

  1. 銀行などの金融機関などからお金を借りる方法
  2. 資本家などに出資してもらう方法
  3. 会社が自分で稼ぎだす方法

の3つです。

負債とは?

このうち
他人から借りた1番の方法で
集めたお金を
負債といいます。

簡単にいえば、
会社の借金ですね。

純資産とは?

2と3の
純粋に自分の資産であるお金を
純資産といいます。
正味の財産ですね。

貸借対照表の左側~何にお金が使われているか?~

では集めてきたお金は、
いったい何をどうするのでしょうか?

その集めてきたお金を
どう使っているかが、
資産なのです。

資産とは?

資産とは俗に言う財産のことです。

会社がもっている
現金や商品、建物や土地など
を指します。

また、
将来、現金で回収することができる
貸付金や
ツケで売ったものである
売掛金などの
形のない資産も
ここに入ります。

まとめ

簿記の最終目的は決算書の作成でした。
簿記の目的~何のための簿記?~

貸借対照表も決算書の1つです。
貸借対照表は財政状態をあらわします。

ということは、
この資産・負債・純資産の
増減する取引は全て記帳しないといけませんね?

間違いないようにしましょう!!

参考書籍

[amazonjs asin=”4415029957″ locale=”JP” title=”パッとわかる簿記の本”]

[amazonjs asin=”4022731443″ locale=”JP” title=”決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)”]

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。