動きをとらえるには?~変化統計量~

昨今、アベノミクスなどで話題の物価指数などを今回扱います。
今の日本は社会主義国のような物価統制を行っています。
最近、値下げセールが減っているかと思います。

物価指数

価格の変化を捉えるもの

比較時価格/基準時価格(%)

農業の交易条件指数

農業の交易条件指数(%)=農産物総合物価指数÷農業生産資材価格指数

物価の変動を別に見るのもいいのです。

この農業の交易条件指数が
上昇傾向を示している場合、
農業を取り巻く環境が改善されたといえます。
なぜなら、買うモノより売るモノのほうが
高くなっているからです。

つまり、
農家の生活はよくなっていきます。

反対に
下降傾向を示している場合、
農業を取り巻く環境が悪化されたといえます。
なぜなら、売るモノより買うモノのほうが、
高くなっているからです。

つまり、
農家の生活は苦しくなっていきます。

スポンサーリンク

名目の値と実質の値

名目値

その時の時価で表示される価格を名目値という。
名目値には単価が入っている。

たとえば給料が
2000年のとき、1万円、
2010年のとき、1万3千円、
2015年のとき、1万5千円、
だとすると、給料は1.5倍上がりました。

しかし、
物価指数は、
それぞれ100,150,200とあがると、
国民の生活は給料が上がっても豊かになったとは言えません。

実質賃金というものがあります。
2000年は10000÷1.0=1万
2010年は13000÷1.5=約8600円
2015年は15000÷2.0=7500円

と実質的には下がってきました。

実質値とは、ではなんでしょうか?

実質値

物価上昇の影響を除いた数値のことです。

実質値=名目値÷物価指数×100のことです。

金額で表示しないとまとまりがなくなります。

まとまりがないというのは、
大根とほうれん草では重さがちがいますよね。

重さに違いがでますね。

価格でなければ、
ジャンルを越えた
統一的統合的な
データは出ないのです。

伸び率と年伸び率(年率)

2015年の給料は15000円、
2000年の給料は10000円、

給料の伸び率
=(15000円ー10000円)÷10000円
=5000円÷10000円=0.5
つまり50%伸びました。

では毎年平均でどれくらいの%伸びたのでしょうか?
この数値を年伸び率といいます。

名目の比較する年の伸び率(%)=(期間数)√(比較する名目データと基準データの差÷基準データ)-100%
実質の比較する年の伸び率(%)=(期間数)√(比較する実質データ÷基準データ)-100%

幾何学平均を使っての証明
前年度に対する伸び
2000年が0.3
2001年が0.4
2002年が0.25
2003年が0.5

=4√2000/1999×2001/2002×2002/2001×2003/2002

=4√2003年数値/1999年数値

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。