チッタスロー運動~ゆっくり食べて暮らす~

地域学

あくせくしない人間らしい暮らしを目指す、
チッタスロー運動。
ゆっくり食べて、ゆっくり暮らす運動のことです。

スポンサーリンク

チッタスロー運動とは?

地元の伝統的な食文化や食材を見直す運動、
あるいは、その地元の食品自体を指します。

イタリアのトスカーナ地方(Tuscan)が発祥の地。
そこの市長が発案者です。
イタリア語でのスローシティ。

公式サイト

Welcome to Cittaslow International | Cittaslow International

SnapCrab_NoName_2016-5-19_10-5-9_No-00

チッタスロー運動の目的

主に以下の2つです。

  • 人間社会の真正な発展
  • 持続可能な未来の実現

チッタスロー運動のスローガン

「International network of cities where living is easy」

つまりは「くつろげる暮らしができる町が国際的につながろう」といったものです。

人々の「生活の質を向上させること」を目指して、
地域のアイデンティティを高めること。

地域の活性化を目指して、
地元に対する誇りと愛着の確保が主な目的です。

まちおこしの発展の起爆剤となることでしょう。

チッタスロー運動の発端

 スローフード協会の誕生

1980年代半ば、
ローマの観光名所として知られる
スペイン広場にマクドナルドが開店したことに、
危機感をもった住民は、
1986年、北部にあるブラ(Bra)という町で
スローフード協会の元となる団体を作りました。

チッタスロー運動の誕生

そのスローフードの理念を街全体に応用した
「チッタスロー運動(Cittaslow -)」が
今、世界各地で盛り上がっている。

1999年にイタリアにあるいくつかの小さな町の長が集まって、
チッタスロー運動を推進していくことを決定しました。

チッタスロー運動の加盟資格

加盟資格は、
住民が5万人未満であること。

加盟には厳しい審査があり、
行政・議会・団体・住民の協力が必要です。

そのためには
チッタスローの目指す
目標や価値観を
各利害関係者間で
まとめる必要があります。

チッタスロー運動で奨励するもの

  • 有機栽培や有機農業を奨励
  • 文化、生活、地域づくりや環境問題にも発展させた理念。

チッタスロー運動の参加都市

アメリカのソノマ、イギリスのパースなども参加。
2013年1月時点で168の都市が参加。

日本では気仙沼市が参加している。

産業の地域の活性化対策

競争力を持った特産品の再生創造。
地域の手工芸品・農産物・郷土料理を育てる。

地産地消

  • 農業の活性化
  • 観光・レストラン経営の活性化

地産地消が進むと、その地域に住んでいた人が、
今までヨソから買っていたものを
その地域の産品で買うようになります。

地域にお金が落ちてきます。
これを購買力の還流といいます。

地域にお金が落ちると、
その集めたお金をまた投資して、
さらなる利益を生み出します。

こうすることにより、
地域内の経済が循環します。

地域内の経済が循環することで、
好循環が実現されていって、
結果的に地域の活性化につながります。

農業

環境に配慮して、持続可能な発展を重視。

  • 低農薬、有機農業
  • 農畜産物の生産者と消費者の
    距離を短くする。
  • 耕作放棄地の解消し、景観も良くする。
  • 安全・安心な食べ物づくり。

環境対策

  • 廃棄物処理
  • 汚水処理
  • 生物多様性の保護
  • 健康的な環境の創出
  • 景観行政

文化財の保護・伝統文化・芸能の継承

  • 生徒の食文化教育
  • 地域コミュニティでのお祭りの復活・イベントの開催

持続可能な社会

以上のことにより、生活の質(QOL)が向上します。

生活の質があがることにより、人が住みやすいまちになっていきます。
チッタスローのまちづくり運動と重なって、
観光の魅力がつくりだされていきます。

「think globally act locally」という地方の世界化。
すなわちグローカリゼーション(glocalization)のために、
ともに歩んでいくという運動ですね

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。