回帰結果の分析と

β1とかβ0を分析する場合、
S11とかS22を使います。

つまり中間計算のプロセスとして
Sを使います。

Sを使うことで単純な計算式が得られます。

スポンサーリンク

データの回帰分析の概要

食料総合自給率Yと調理食品・外食の割合X1との回帰方程式

Y=95.4255-2.0095X1

食料総合自給率Yと農業就業人口の高齢化X2との回帰方程式

Y=61.8792-04705X2

食料総合自給率Yと調理食品・外食の割合X1および農業就業人口の高齢化X2の回帰方程式

Y=63.89-0.1181X1ー0.4444X2

データの計測結果の意味

計測値幾何学的意味経済学的・経営学的意味計算できるうもの=弾性値

 

計算できるもの=弾力性

点弾力性

期間弾力性
β0回帰線の切片X1・X2とも0の場合の初期状態のYの値
β1X1に対する回帰線の勾配X1が1単位増加または減少したときにYが何単位増加または減少するかを表す。(X1の限界効果)η=β1×(X1i÷Yi)η=β1×(X1の期間の平均値÷Yの期間の平均値)
β2X2に対する回帰線の勾配 X2が1単位増加または減少したときにYが何単位増加または減少するかを表す。(X2の限界効果)η=β2×(X2i÷Yi)η=β2×(X2の期間の平均値÷Yの期間の平均値)

弾性値(弾力性)

Xが1%増減した場合、Yが何%増減するかといったもの

弾性値η=Yの増減率(%)/Xの増減率(%)

点弾力性

毎年、毎年、計測する弾力性

期間弾力性

ある特定の期間の弾力性

シナリオを描いてみる

10年後の自給率を予測してみる

回帰分析の応用

Y=63.89ー0.1181X1ー0.4444X2

Y1980=63.89-0.1181×20-0.4444×17.2

=53.9%

ちなみに1980年の食料総合自給率の実測値は53%です。
誤差は0.9%です。

ちなみに
20は外食の割合
17.2は65歳以上の高齢者の割合のことです。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。