ごみの排出抑制政策

スポンサーリンク

ごみの有料化

ごみの有料化(図ー9-6参照)

ごみを有料化することによって、ゴミ収集料金tと限界排出削減費用(MAC)が一致するところまで、ごみ排出量が削減される。

デポジット・リファンドシステム

デポジット・リファンドシステムとは?

環境汚染の可能性のある製品に預託金(デポジット)を課し、その製品が回収されたときに、預託金の払い戻し(リファンド)を行うこと。

デポジット・リファンドシステムの効果

  1. デポジットが課されることで、q0-q1の量だけ排出量が削減される。
  2. リファンドが支払われることで、q2の量が回収される。
  3. 未回収の量はq1-q2に減少される。

図は後ほど挙げると思います。

拡大生産者責任(EPR)とリサイクル制度化

拡大生産者責任(EPR)とは?

商品が使用後に廃棄された際の勝利責任を商品の製造者にも広げて追わせること。

我が国のリサイクル制度の中にもEPRの概念が盛り込まれている。

容器包装リサイクル法の例

特定容器を製造・利用する事業者が再商品化費用を負担する。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。