南北戦争後の黒人の生活

スポンサーリンク
スポンサードリンク

白人と黒人の法的平等化

以下の憲法修正により、法的な平等が実現する。しかし、南部での黒人差別は残ったままである。差別の解消は1960年代のジョンソン大統領まで待たねばならない。

奴隷制度の廃止

1865年、憲法修正第13条で奴隷制度は法的には完全に廃止された。リンカンが発表した奴隷解放宣言が明文化されたものである。

黒人への市民権・参政権の保障

1868年、憲法修正第14条で黒人に市民権(公民権)が与えられた。その2年後の1870年、憲法修正第15条で黒人に参政権が与えられた。

黒人諸法(Black Code)

南北戦争後の政治

南部では戦争により大農園経営者であるプランターは没落した。それの代わりに台頭したのが、中産階級である。

南部再建の中心となったのは、北部の急進派と南部の黒人層である。彼らが様々な改革を進めた。しかし、それはあまりにも性急にことをすすめたがために、多くの混乱に陥った。

KKKの結成

そうした中、クー・クラックス・クラン(Ku Klux Klan/KKK)という名のテネシー州で旧南軍兵士により1865年秘密結社(テロ組織)が結成される。白人至上主義団体である。

アメリカ出生主義と白人とプロテスタントの優越を主張し、黒人を迫害した。20世紀になると、反黒人だけでなく、反ユダヤ主義、反カトリック、反反戦主義者、反進化論などに排斥対象が拡がった。

政治家や警察官もかつてはメンバーだった。

現在では、非合法化されている。しかし、まだ消滅していない。

黒人諸法の成立

北部の穏健派は連邦の統一を優先し、南部の白人層を取り込みたいと考えた。そのため、北部の急進派は撤退を余儀なくされた。その後、南部の白人による黒人迫害政策が進む。

代表的な政策

  • 投票するためには、先に1ドルや2ドルの投票税を支払わなければ黒人は投票できない
  • 憲法の一部を読ませて、その内容を理解できない黒人には投票させない
  • 祖父条項…1867年1月1日以前に投票したものとその子孫にのみ投票を許す。
  • 白人との結婚禁止
  • 土地所有を制限

というもので、州法や州憲法の改正という方法により黒人取締法を実施。

シェアクロッパー制度

さらに南部の白人層は、奴隷開放宣言には黒人への土地の分与が含まれていなかったことに目をつけ、シェアクロッパー制度を制定する。

黒人は、土地を所有していなかったために、農業労働者になるか小作農になるよりほかなかった。

シェアクロッパー制度(Sharecropping/分益小作人)は土地・農機具・住居・家畜など農業生産に必要な手段を地主から借り受け、そのかわりに収穫物の3分の1から2分の1を地主に支払うという土地制度。

農産物価格が下落すると、小作人の収入はマイナスになり、経済的に自立できることはなかった。

まとめ

奴隷開放宣言では、土地の所有問題が解決されなかったがために、黒人の経済的・社会的自立は達成できなかった。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。