源氏の台頭~平忠常の乱・前九年合戦・後三年合戦~

平氏は坂東八平氏と呼ばれるように、
平高望(たいらのたかもち)以降、
関東地方の各地に散らばって、
武士の棟梁としての勢力をもっていた。

 

源氏はというと、
源経基(みなもとのつねもと)の
子・源満仲(みなもとのみつなか)は、
摂津国を根拠地とし、多田源氏の祖となった。

源満仲の子・源頼信(みなもとのよりのぶ)は
河内源氏の祖となった。

 

スポンサーリンク

平忠常の乱

1028年(長元1年)に
元上総国国司であった平忠常
上総・下総にかけて反乱を起こした。

これを平忠常の乱という。

はじめ、
朝廷は平直方に追討令を出したが効果がなく、
次に、源頼信甲斐国国司に任命し、
討伐させるために派遣したところ、
忠常は頼信の威名に恐れ、戦わずして降伏した。

 

これをきっかけに源頼信は鎮守府将軍となり、
源氏が東国に進出していくことになる。

 

前九年合戦

陸奥では、
豪族・安倍氏が俘囚の長として
勢力が強大であった。

安倍頼時の代には胆沢郡など6郡を領有し、
国司と争っていた。

衣川に勝手に関を設けると、
1051年(永承6年)、
朝廷は源頼信の子・源頼義
陸奥守兼鎮守府将軍となって任地に下ると、
安倍氏は一旦これに従うも、
再び乱を1056年(天喜4)年に起こした。

 

安倍頼時は1057年に戦死するも、
その子・安倍貞任(あべのさだとう)らがよく戦い、
源頼義は苦戦した。

 

源頼義は子の源義家とともに、
出羽の俘囚の長、清原武則の来援を得て、
1062年にようやく貞任を討ち、乱は平定された。

 

ちなみに何故9年かといえば、
1056年の再乱後から
勝利後に京に凱旋する1064年までの
期間をさすからである。

 

後三年合戦

前九年合戦のあと、
安倍氏にとってかわって、
陸奥・出羽両国で大勢力を得た
清原氏の一族に内紛が起こる。

 

1083年頃から清原真衡(きよはらのさねひら)が
弟の清原家衡(きよはらのいえひら)と戦っていた。

清原真衡が死ぬと、
清原家衡は今度は異父兄・藤原清衡(ふじわらのきよひら)と争いだした。

 

1086年、陸奥守・源義家が介入し、
藤原清衡を助けて、清原家衡と戦い、
苦戦の末に1087年内戦を平定するのであった。

 

なぜ、3年かといえば、
源義家が介入した1086年から
京へ上洛した1088年までの3年をさすからである。

 

東国武士団の棟梁・源氏

源義家は
朝廷に奥州平定を報告して恩賞を請い願ったが、
朝廷はこれを豪族間の私闘とみなして許されなかったが、
源義家は私財をさいて武士に恩賞を与えた。

そのために、
東国武士の源義家に対する忠誠心は高まり、
源義家と主従関係を結ぶ武士が多く、
土地を寄進するものも多かった。

これに焦った朝廷は、
一方では、源義家の院への昇殿を許したが、
一方では、源義家への寄進を禁じるほどだった。

 

ここに関東における源氏の勢力は固まったのである。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。