奥州藤原氏の100年の栄華

平安時代中期

源義家が去ったあとの奥羽地方では、陸奥の藤原清衡(ふじわらのきよひら)の支配が強大となった。奥羽と出羽の2国に勢力を伸ばした。

藤原清衡、藤原基衡(ふじわらのもとひら)、藤原秀衡(ふじわらのひでひら)という奥州藤原氏三代によって、約100年間、平泉を中心に奥州藤原文化が開花することになる。

スポンサーリンク

奥州藤原文化

中尊寺金色堂

藤原清衡が建築した代表的な建造物。

中尊寺金色堂

毛越寺

藤原基衡が建てた建造物は毛越寺(もえつじ)

今は跡形も残っておらず、庭しか残っていない。

無量光院

藤原秀衡が建てたもの。

奥州藤原氏100年の2つの理由

東北地方は金の産地であり、良馬の産地であったため。

この2つの産物の富によって摂関家や院と関係をもち、教徒の文化を移入するとともに、北方の地との交流で独自の文化を育てて富強を誇った。

奥州藤原氏の滅亡

四代目の藤原泰衡(ふじわらのやすひら)が源頼朝に滅ぼされ、奥州藤原氏は滅亡した。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。