食品産業の低価格戦略の広がり

食事といえば、お母さんが料理をして
旦那さんと子どもたちに振る舞うというのが一般的でした。

共働き家庭が増え、安ければ安いほどいいという家庭も増え、
加工食品の需要が増えていきました。

食品加工業やファストフード産業が台頭しました。
では一体、どういった食材を仕入れているのでしょうか。

私たちの加工食品はほぼ輸入商品でつくられています。
外食の原価は3割と言われています。
かなりの低価格でヤバいのが輸入されています。

【マクドナルド】フィレオフィッシュに隠された秘密! – NAVER まとめ

輸入商品が食品産業の要望に適応しています。
低価格で安定供給されています。

鮭フレークの着色料で、
赤色何号とか黄色何号とかは
石油から生成されています。

青色1号の発がん性・着色料(青1)
青色1号は食品など青く着色するために使われる食品添加物で、 石油から化学合成して作られる合成着色料です。 つい&

家庭内での加工食品の普及が進んでいきます。

低価格で使いやすい食品が進んでいきます。

産地間競争もどんどん進んでいきます。

スポンサーリンク

ブランド化での対応

販売志向から顧客志向へ

kgあたり500円のときや700円のときもあります。
宇和島市にあるとある水産メーカーは
kgあたりずっと2000円で売っています。

価格競争に巻き込まれず、価値を高めています。
これがブランドの確立ではないでしょうか?

流通、飲食店の人たちもファンにならないと、
簡単に浮気します。

1200円で購入していたとしても、
1000円で買えるなら浮気します。

同じ価格でも、大きい物を売っている方もいます。
そんな人がいたら浮気される可能性が高いです。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。