EUの共通農業政策(CAP)

ECとEUに関しては

欧州連合(EU)の歴史的変遷~つかの間の平和~

を参考にしてください。

スポンサーリンク

1980年代までのECの農業共通政策

第2次世界大戦で国土も荒れたために食料不足に陥りました。
アメリカによる援助(マーシャルプラン)により他給により一時的にしのぎました。

日本とは異なり、
ヨーロッパには自給の精神があるために、
アメリカに頼らず生活しようとなりました。

そこでできたのがECです。

初期段階では、
アメリカにべったりのイギリスの参加は認めませんでした。

域内の70%で穀物生産を行うことを目標としました。
そこで価格支持政策の展開穀物生産の増加のために行われたのが
農産物価格支持政策
輸入課徴金制度です

輸入課徴金

条件がいい土地、たとえば、肥沃な平地などと、
条件が悪い土地、山間部のやせ細った土地などでは、
生産コストが異なります。

条件がいい土地のほうが安く作れてしまいます。

ECの域外から安い農産物が輸入されてしまうと、
域内の条件不利地域の農産物では、域外の農産物に負けてしまいます

そこでECでは域外から輸入されてしまう農産物に対して、
境界価格を設定します。

境界価格では国際市場価格と境界価格の差額を、
輸入課徴金として国際市場価格に上乗せして輸入します。

この輸入課徴金ECの収入源になります。

境界価格はどう決めたかといえば、
山岳地帯の条件不利地域の自給が100%になるよう設定しました。

フランスなどの平地では条件がよく、
境界価格より生産コストが低かったために、
莫大な利益が稼げ、自給率は200%に達しました。

こうして食料自給を達成しました。

輸出補助金によるダンピング輸出

食料自給率が達成されたために、
食料が余ってしまいました。

ECでは、先程のように、
生産コストと国際市場価格の差額に対して、
輸出補助金をつけました。

これをダンピング輸出といいます。
ダンピングとは採算度外視という意味です。

余っている農産物を他国に押し付けることで、
アフリカなどの国では食料は自給できなくなっていきました。

そこで、
ECは国際貿易の場で、
「関税保護を撤廃しろ!」
と主張しました。

 

EUの共通農業政策の改革と農村政策

食料戦争

価格政策から所得政策へとうつっていきます。

1980年アメリカとECの食料戦争が勃発します。
お互いに補助金を使って世界の食料市場を席巻していきます。

1986年GATTウルグアイ・ラウンドで関税保護撤廃を
アメリカと組んでECは主張します。

GATTに関しては、

GATTとWTO~第二次世界大戦後の国際貿易支配体制~

を参考にしてください。

直接支払い

ECからEUに発展した後、

あまりに作りすぎた農産物に対して、
EUは補助金が多すぎて、
体力的にきつくなってきました。

そこでEUでは、
1992年に、
農産物に補助金をつけるのではなく、
農産物生産そのものに補助金をつけることにしました。

作ったモノではなく、
作るコトに補助金をつけました。

これが直接支払いの補助金です。
補助金の上昇に歯止めがつけました。

さらに2005年には、
環境保全型農業が行われた場合や、
土壌を崩壊させないための、
農業を行った場合、
+αの補助金がつけられ、
生産と連動した直接補助金を出さなくなっていきました。

これを生産と切り離した補助金の直接支払いと言います。

作るコトだけではなくて、
良い方法で作るコトに
補助金対象を変えたのです。

こうしてEUは
世界に君臨する食料生産地域へと発展しました。

参考

世界の貿易構造の変化と政府の機能(アメリカとEUの農業政策)

アグリビジネス論2016年11月9日

愛媛大学農学部 板橋衛

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。