ラテンアメリカの独立とモンロー教書

ウィーン体制
circa 1902: A caricature of England and Germany responding to the Venezuelan Blockade. Punch - pub. 1902 Original Artist: By Bernard Partridge. (Photo by Hulton Archive/Getty Images)

トランプ大統領が誕生してしまいました。

メキシコにトランプ・ウォールがそびえたち、
アメリカ側から見た小さな巨人に侵入を防げるのでしょうか?

さて、世界はどうなってしまうのでしょう??

そこで今回は、メキシコを始めとするラテンアメリカのお話です。

トランプの行動指針を推測するために
参考になる記事をアップしますね。

 

スポンサーリンク

「自由」と「平等」の伝来

フランス革命などをきっかけとして、
ヨーロッパでは自由と平等の概念が広まりました。

 

フランス革命とその原因と背景

 

やがて、その自由と平等は
ラテンアメリカにも伝播しました。

ナポレオンのブルボン朝打倒により、
さらに、自立化の流れがより一層進んでいきました

 

ラテンアメリカ諸国の独立

 

ハイチ

まず最初の独立を果たしたのはハイチです。

フランス領であったハイチの住民は、
フランス革命の理念に共感しました。

1791年、
「黒いジャコバン」と呼ばれた
トゥサン・ルヴェルチュール(Toussaint L’Ouverrure/1743~1803)
指導者として独立運動を開始し始めます。

ナポレオンが放った兵士をなぎ倒し、
1804年に独立を獲得します。

 

スペイン植民地の独立

スペインの植民地では、
本国から派遣された本国人(ペニンスラール/peninsular)
特権階級として君臨しており、商人や官僚に大きな力を持っていました。

地主として経済力をもっていた現地生まれの白人(クリオーリョ/Criollos)
その高圧的な姿勢に強い不満をいだいていたのです。

 

シモン・ボリバルの活躍

ベネズエラではまずはじめに、
聖職者のミランダ(Miranda)が解放運動を開始します。

しかし、スペイン軍に逮捕されてしまいました

次に現れたのは、
シモン・ボリバル(Simon Bolivar/1783~1830)です。
スペイン軍へと戦闘を挑むことになりました。

シモン・ボリバルは、スペイン軍との戦闘のためには、
白人と先住民の混血であるメスティーソ(mestizo)
白人と黒人との混血であるムラート(mulattos)らの協力も必要と感じました。

そこで、奴隷解放宣言をだします。

リンカーンの奴隷解放宣言の約50年も前の話です。

 

南北戦争②~リンカン当選から終戦まで~

 

ボリバル軍は強かったのです。

なぜなら、スペイン軍は国から命ぜられて、
しぶしぶこんな遠いところに来ている中で、
植民地の民は自由を獲得するのに必死だったからです。

1811年に、ベネズエラとコロンビア
1819年に、大コロンビア共和国
1825年に、ボリビア

と次々と独立させていきました。

必死でやれば、世の中なんとかなるものですね。

 

サン=マルティンの活躍

一方、ラテンアメリカの南部では、

アルゼンチン出身のサン=マルティン(San-Martin)が活躍します。

1816年にアルゼンチン
1818年にチリ
1821年にペルー

を独立させました。

国際情勢の変化とモンロー教書

このラテンアメリカ諸国の独立には、
国際情勢の変化が追い風となりました。

 

オーストリアメッテルニヒは、
ラテンアメリカの独立運動を恐れました。

なぜなら、ウィーン体制が崩れ、
この独立運動がヨーロッパに再輸入され、
民族のナショナリズムを刺激することを恐れたからです。

 

ウィーン体制の動揺~自由主義・国民主義運動~

 

 

しかし、イギリスの外相・カニング(Canning/1770~1827)は、
スペインの独占市場であったラテンアメリカに参入するために、
四国同盟とは異なる単独行動に走りました。

イギリスは自由の名のもとに、自国の経済利益を優先しました。

 

さらに、1823年、
アメリカ大統領・モンロー(Monroe)は、
ヨーロッパとアメリカ大陸の
相互不干渉を提唱します。

アメリカ大陸の権益を
アメリカ合衆国が独占しようとしたのです。

そうしてアメリカ合衆国は、
モンロー教書(Monroe Doctrine)を発表します。

アメリカ合衆国の孤立主義政策はここからはじまりました。
アメリカ合衆国はこの時から
基本、一人で生きていくことを選択していくようになります。

 

こうして、メッテルニヒの干渉は失敗します。

 

ブラジル帝国

ナポレオンの進出でブラジルに亡命した
ポルトガル国王、ドン・ペドロ(Dom Antonio Pedro)
1822年、ブラジル帝国を建国して皇帝になります。

1824年、立憲君主制の憲法を制定しました。

 

メキシコ

1810年、神父・イタルゴ(Hidalgo)は
インディオ農民を指導した武力蜂起が開始された。

そして、1819年、メキシコ帝国として独立に成功します。
1824年には共和国になりました。

しかし、独立後も宗教勢力が根強く、
国内の自由化は進んでいきませんでした。

 

ラテンアメリカの独立後

ラテンアメリカでは結局のところ、
純血の白人で地主層である
クリオーリョが主な担い手となっていった。

自作農は発生せず、地主政治が行われた。

経済的にはイギリスの目論見どおり、
イギリスの資本が流入してきます。
イギリス産品のために、
ラテンアメリカ諸国では、
モノカルチャー経済に陥ってしまいました

文化的には、イベリア文化とインディオ文化が融合していき、
そののち、黒人文化も混ざり、独自の文化圏を形成しました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。