「等差数列」とは?~引いても引いても同じ!?~

数列

1,4,7,10,13,□,19,22,25

という数字が並んでいたとします。

では一体、□には何が入るでしょうか??

答えは広告のあとで!!

スポンサーリンク

数列は案外単純

というわけで、答えはわかりましたか??

隣の数字と数字を比較すると
何か答えが思いつくかもしれません。

では、お時間です。

さぁ、答えは一体なんでしょう。

 

もしも16だと思ってるあなたは
下の文章で納得してください。

どんどん読み進めましょう。

 

さぁ、なぜ16になったのでしょうか??
今一度ご確認ください。

数列

 

 

 

 

 

 

隣に行くにつれて、
3ずつ増えていくのがわかります。

3ずつ増えるという言葉を、
言い換えてみましょう。

これを言い換えると、
「隣同士の数の
差が一定の3であること」と
同じです。

このように同じ数ずつ増えていく、
言い換えると、隣同士の差が一定である数列を、
等差数列(とうさすうれつ)と言います。

 

もちろん、隣同士が減っていく数列も、
言い換えると、隣同士の数の差が一定ですね。

これも等差数列です。

参考文献

[amazonjs asin=”4890854401″ locale=”JP” title=”数学B高速トレーニング数列編 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)”]

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。