「和泉に『堺公方府』が成立」 足利義維が阿波から上陸

戦国時代
スポンサーリンク

概要

1527年3月22日に、
阿波国(現在の徳島県)から
三好元長(みよしもとなが)が、
足利義維(あしかがよしつな)
細川晴元(ほそかわはるもと)を担いで、
8000人の兵を引き連れて
和泉国(いずみのくに・現在の大阪府南部)に上陸した事件。

堺公方府

 

その後、7月13日には、
次期将軍候補としての資格となっている
「従五位下左馬頭」に任命されて、
「堺公方」と呼ばれるようになります。

 

背景

この出来事の前年である
1526年7月13日
細川高国政権(ほそかわたかくにせいけん)のもとで、
香西元盛(こうざいもともり)が謀殺される事件が発生します。

 

香西元盛の兄である
丹波国(たんばのくに/現在の京都府の中部・兵庫県の北東部)
豪族である波多野稙通(はたのたねみち)
柳本賢治(やなぎもとけんじ)
細川高国から離反して、
阿波衆のもとで蜂起を起こしました。

 

阿波から三好政長らが、
1526年12月15日
堺に上陸

 

そうして、
翌年の1527年2月大山崎で、
柳本賢治が率いる軍に、
阿波衆は合流します。

 

2月13日
桂川で細川高国の軍に勝利します。

 

細川高国政権の崩壊

細川高国と将軍・足利義晴(あしかがよしはる)は、
翌日に近江国(おうみのくに/現在の滋賀県)
坂本(さかもと/現在の大津市)へ逃げました。

こうして、細川高国政権は崩壊したのでした。

その後、
2月16日
柳本・三好らは入京し、
三好元長ら堺上陸が実現しました

川勝寺口の戦い

1527年10月
将軍・足利義晴は、
細川高国らの軍勢とともに、
京へ上洛を果たします。

1527年11月29日
足利義維と合戦が始まります。

しかし、翌年、
1528年1月17日
六角定頼(ろっかくさだより)の仲介で
和談となりました。

 

しかし、細川晴元は、細川高国を当主から降ろして、
細川家の家督をつごうと考えていました。

 

そのため、
交渉が長引いてしまいました

 

足利義晴方として、
戦に参陣していた、
朝倉勢をはじめとする諸勢が
帰国してしまいました

 

1527年5月14日
細川高国近江国坂本へと逃亡し、
1527年5月28日には、
足利義晴も坂本へと逃亡しました。

畿内を事実上征服したのは、
堺公方となりました

この堺公方は、
1532年6月まで続くこととなります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。