物理の教材研究

スポンサーリンク

中学校における物理的領域の目標について

中学校理科の教科目標と物理的領域の目標

教科の目標

自然の事物・現象に進んで関わり、目的意識をもって観察実験などを行い、科学的に探求する能力の基礎と態度を育てるとともに自然の事物。現象についての理解を深め科学的な見方や考え方を養う」

教職目指す人は暗記しましょう。応用効きますよ~。

  • (1) 物質やエネルギーに関する事物・現象に進んでかかわり,その中に問題を見いだし意欲的に探究する活動を通して,規則性を発見したり課題を解決したりする方法を習得させる。
  • (2) 物理的な事物・現象についての観察,実験を行い,観察・実験技能を習得させ,観察,実験の結果を分析して解釈し表現する能力を育てるとともに,身近な物理現象,電流とその利用,運動とエネルギーなどについて理解させ,これらの事物・現象に対する科学的な見方や考え方を養う。
  • (3) 化学的な事物・現象についての観察,実験を行い,観察・実験技能を習得させ,観察,実験の結果を分析して解釈し表現する能力を育てるとともに,身の回りの物質,化学変化と原子・分子,化学変化とイオンなどについて理解させ,これらの事物・現象に対する科学的な見方や考え方を養う。
  • (4) 物質やエネルギーに関する事物・現象を調べる活動を行い,これらの活動を通して科学技術の発展と人間生活とのかかわりについて認識を深め,科学的に考える態度を養うとともに,自然を総合的に見ることができるようにする。

変更事項

「観察実験などを行い」

「観察実験などを通して」jから「観察実験などを行い」に変更されました。

やっぱり実験しないダメです。実験を勉強するだけじゃなくて、
やらないわからないことも多いのです。

 

習得

観察・実験などの技術習得が目標になっています。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。