国家の政府と役割② ロック『市民政府二論』~人間は自由で平等で平和~

未分類

前回、

国家の成立と役割①~ホッブス「リヴァイアサン」絶対王政も許されるのか?~

でお伝えした社会契約説では、絶対王政も許容されてしまうという問題点がありました。

それは
ホッブズが人間の自然状態を
「万人の万人に対する戦い」と定義づけたからです。
そんな世の中だと人間不信にもなりそうですね。

まぁ、今の競争社会だと戦いのほうが、
一周回ってあってそうですけど、
そのあたりは読者の皆様方個人個人におまかせします。

さて、
今回、ロックは、
『市民政府二論』(「政府二論」「統治論」)の中で、
人間の自然状態は「自由・平等・平和」だと位置づけました。

万人の万人に対する戦いとはうって変わって、
人間はもともと善いものだとする性善説の考え方になりましたね。

主権はあくまでも国民にあって、
国家はその行使を委託・信託されているだけなのです。

国家は国民を守るという契約上の義務があります。
悪い政治である悪政をはたらくような国家に対しては
クーデター等の革命をしてもいいのです。

間接民主制のもとで、
国民は良い政治家を選ぶ義務があります。

こうしてみると、
ロックの場合、絶対王政を働いた場合、
それは自由がなくなるので、
王様に反逆してもいいという点で
ホッブズとは異なりますね。

すごいです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。