居留地貿易とその影響

幕末
スポンサーリンク

開校後の貿易

居留地貿易

開港後、

横浜、長崎、函館で、
1859年、貿易が開始されます。

横浜港
東海道沿いの神奈川を避けて、漁村の横浜に開港。幕末貿易の80%を占める。

貿易は居留地で行われました。

神戸の外国人居留地

そのため、居留地貿易と呼ばれます。居留地で外国商人と貿易しました。

居留地
居留地(きょりゅうち)とは、条約の締結国が外国人に一定地域に限って居住・営業を許可する地域。通商条約締結後、長崎・横浜へ最初にできました。

輸入業者を取引商(とりひきしょう)
輸出業者を売込商(うりこみしょう)といい、
銀貨決済が普通でした。

 

輸出入品

日本からは
生糸(きいと)・茶(ちゃ)・蚕卵紙(さんらんし)など、
半製品が輸出されました。

毛織物や綿織物など
完全製品が輸入されました。

鎖国による貿易の相手国として、
イギリスが群をぬいて多く、
開港場のうち、横浜での取引が
全体の80%前後を占めました。

 

在郷商人の問屋飛ばし

貿易開始の結果、経済界は大混乱に陥りました。

農村部で成長した在郷商人が
製品を横浜へ直送するようになった。

そのために、江戸の問屋は大打撃をこうむりました。

江戸廻送令

そこで、
幕府は1860年、
江戸の問屋を保護するために5つの品目に限って、
必ず江戸の問屋を経由させなければならいというお触れを
くだしました。

これを江戸廻送令(えどかいそうれい)といいます。

ところが、

外国からは
自由貿易の原則を妨げるという批判がおこり、
成果はあがりませんでした。

5つの品目

  • 雑穀
  • 水油
  • 呉服
  • 生糸

覚え方は「ザマミロゴキブリ」ですね。

金銀比価の相違

金と銀の価値が、
日本と外国では大きく値が異なりました。

日本では金:銀=1:5
外国では金:銀=1:15

外国人が安く金を買えるので、
金が10万両海外に流出しました。

そこで、
幕府は金の割合が少ない
万延小判をつくりました。

改税約書

輸出税は5%、
輸入税は平均約20%でsたが、
一律5%に下げる条約が1866年に結ばれます。

この条約を改税約書といいます。

これを起草したのはパークスさんです。

これにより、
従価税方式から従量税方式へと
改められていきました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。