生命を構成する元素~生き物はたったこれだけでできている~

タンパク質と代謝

私たちの身体は一体何からできているのでしょうか?

細胞?

 

細胞は確かにそうなのですが、
もっと小さい単位があるのです。

それは元素です。

私たちの身体を構成するのは、
わずか数種類の元素でできています。

もちろん植物も同じです。
植物に与える肥料も以下の元素が含まれています。

それでは実際に元素をみていきましょう。

スポンサーリンク

生命を構成する元素

NeuPaddy / Pixabay

主要元素

生命を構成するのに別格な四天王の元素です。

空気中もしくは水中にあるので、
昔から利用しやすかったのでしょう。

  • C(炭素)
  • H(水素)
  • O(酸素)
  • N(窒素)

準主要元素

主要元素についで大事な元素。主要元素は何を作るのにも必要不可欠でしたが、準主要元素はある一定の働きをする重要な機能に組み込まれています。たとえば、P(リン)は脂質、S(硫黄)はタンパク質の構成に必要不可欠です。

  • P(リン)
  • S(硫黄)
  • Cl(塩素)
  • Na(ナトリウム)
  • Mg(マグネシウム)
  • K(カリウム)
  • Ca(カルシウム)

微量元素

微量元素は大量にはいらないもののないと死にます。代表的なのは鉄でしょう。血液中に含まれている赤血球を構成するヘモグロビンはヘム鉄という鉄を含んでいます。

qimono / Pixabay

  • Cr(クロム)
  • Mn(マンガン)
  • Fe(鉄)
  • Co(コバルト)
  • Ni(ニッケル)
  • Cu(銅)
  • Zn(亜鉛)
  • Se(セレン)
  • Mo(モリブデン)
  • I(ヨウ素)

構造

単量体が脱水縮合によりつながっています。

糖質

 

大きくわけて単糖と多糖の2種類の糖からできています。
数個のヒドロキシル基(-OH)をもっている多価アルコールです。
多糖は単糖がグリコシド結合したものです。

脂質

脂肪酸

長い炭化水素の端に、
カルボキシル基があるもの。

グリセロリン脂質

グリセロール3リン酸に2個の脂肪酸アシル基がエステル結合したものです。

脂質二重層を形成します。
その膜は外界と境界であるだけではなく、
反応の場でもあります。

タンパク質

 

20種類のアミノ酸がペプチド結合したものです。
アミノ酸は共通構造をもちR基のみ異なります。

折りたたまれて独自の立体構造を作ります。

核酸

3dman_eu / Pixabay

ヌクレオチド

WikimediaImages / Pixabay

五炭糖とリン酸と塩基の3つから構成されています。

 

ポリヌクレオチド

ヌクレオチド同士がホスホジエステル結合したもの。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。