糖質(炭水化物)って何?

タンパク質と代謝

「糖質って一体なんなんだ?」

「糖質OFFって何がOFFされているんだ?」

今日はその疑問へのヒントとして、
糖質の簡単な説明をします。

スポンサーリンク

糖質とは?

pamula133 / Pixabay

ブドウ糖、ショ糖、デンプン、セルロースなどが、
糖質(saccharide)、または炭水化物(carbohydrate)と呼ばれます。

糖質はアルコール性ヒドロキシ基をもっています。
>C=Oもしくは、ーCHOを1つもち、
2つ以上の-OHをもつものです。

分子式は一般にCn(H2O)mで表されます。

糖質には、米・麦・イモ類などの
植物の種子や根などにデンプンとして存在しています。
また、植物性繊維である綿・麻などでは
セルロースとして天然に多く存在しています。

 

地球上の炭水化物はどうできたか?

生物由来の物質として、地球上にもっとも多くあります。
生物由来といってもほぼ植物の光合成由来です。

太陽の熱は6000Kあります。
摂氏約5700℃ほどです。
電波として地球に届き、
地球を温めています。

しかし、その熱のほとんどは宇宙空間に逃げてしまっています。

その熱エネルギーを有効活用しているのが植物様なのであります。

 糖質の種類

糖質は加水分解できるかできないか、
あるいは加水分解によって生じる糖の分子数から、
単糖類、二糖類、多糖類などにわけられます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。