院政の構造~院政を支える仕組み~

院政の構造をこれから書いておきます。
摂関政治で栄華を極めた藤原氏から
天皇を退いた院(上皇)に権力が集中していく院政。

どのような仕組みだったのでしょうか。

スポンサーリンク

院政の政庁

院政がおこなわれたのは院庁(いんのちょう)です。
その政庁ではたらいていた職員を院司(いんし)といいます。

院政の文書

院宣

上皇から出る権威を持った私的な文書を院宣(いんぜん)といいます。

院庁下文

院庁という役所からでる公的文書を院庁下文(いんのちょうくだしぶみ)といいます。

院政の財源

  • 寄進系荘園…例)八条女院領  鳥羽天皇の皇女・暲子内親王(あきこないしんおう)に寄進された荘園
  • 知行国(ちぎょうこく)……上級貴族に国を与え、その子や兄弟、親戚が国守(こくしゅ)となり、現地には目代(もくだい)を派遣して国を治める制度。
  • 院分国(いんのぶんごく)……院(法王)が知行国主となり、独自に収益を得ている国

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。