平治の乱と平氏政権への道

平安時代後期

前回、伊勢平氏の発展と保元の乱で、
勝った側の武士同士の対立が戦いの原因となりました。

では、今回の平治の乱をみていきましょう。

スポンサーリンク

平治の乱の背景

後白河天皇の譲位と院政の開始

保元の乱のあと、1158年(保元3年)に後白河天皇は、
二条天皇に譲位し、後白河上皇として院政を開始います。

この譲位により、また天皇と上皇の対立を引き起こし、
貴族たちはまた複雑な政争を繰り返します。

コラム:保元の乱の源平の恩賞の差で…は嘘?

保元の乱での功績は源義朝のほうが、
平清盛よりも上なのに褒賞が少なかったから
不満で乱を起こしたという説があります。

本当なのでしょうか。

源義朝は従五位上の左馬頭(さまのかみ)を
平清盛は従五位上の播磨守を後鳥羽上皇から授かりました。
朝廷内では播磨守のほうが名声は高かったそうです。

もともと、
源義朝は従五位下で、平清盛は正四位下。
播磨守は正四位の貴族に与えられるものでした。
これからしても、源義朝の対偶は破格だったと言えます。

ですので、源義朝は、
別に褒賞が少ないのが不満だった訳ではないようです。

藤原通憲と藤原信頼の対立

院政を行う後白河上皇の近臣に
藤原通憲藤原信頼がいました。

藤原信頼は、
藤原通憲が武士の平清盛と結んでいたため、
反感をもち、
源義朝の結んで藤原通憲を殺そうとしました。

これが平治の乱のはじまりです。

平治の乱

1159年、

源義朝は平清盛の熊野詣のすきをねらって、
京都で挙兵して、藤原通憲を自殺に追い込みます。

これを聞きつけた平清盛は、
京都の六波羅邸(ろくはらてい)に駆けつけますが、
二条天皇らを人質に取られてしまい、
圧倒的な武力を活かしきれません。

そこで、平清盛は二条天皇に女装させ、
御所を脱出させました。

天皇が女官に女装して御所から脱出するシーン

そこから平清盛のおびき出し作戦に
源義朝はひっかかり、関東へ逃げようとします。

尾張国で入浴中に襲撃され、

「我れに木太刀の一本なりともあれば」

と叫んだと言われます。

源義朝の墓には大量の木刀が置かれているそうです。

平治の乱の結果

  • 源氏の勢力は一掃され、平清盛は「武士の棟梁」としての地位を確立
  • 後白河上皇と二条天皇の間が不仲だったために、
    後白河上皇は平清盛に接近し、
    平清盛は参議となり、武士としてはじめて公卿(くぎょう)に列し、
    中央政権に強い影響力を得る。

参考リンク

【関西歴史事件簿】京の地獄図・平治の乱(下)人質の天皇を女装姿で脱出させた策士・清盛 陽動作戦で御所を奪還 源氏に逆転勝利
「ここは一気に」と清盛の長男・重盛らが3千人を率いて六波羅を出発。一方の内裏を固める信頼・義朝軍は約800人と力の差は歴然だった。大内裏の西端の一角に建つ待賢門&
保元の乱の恩賞として、源義朝が左馬頭、平清盛が播磨守になりますが、身分的には違いがあるのでしょうか。。。また、この恩賞は200騎を率いた者と300騎を率いた者との...
保元の乱の恩賞として、源義朝が左馬頭、平清盛が播磨守になりますが、身分的には違いがあるのでしょうか。。。また、この恩賞は200騎を率いた者と300騎を率いた者との功労との違いも反映してるのでしょうか。。。.ヽ(´ー`)ノ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。