ティール組織の構造、実践、文化①~3つの獲得と隠喩~

過去から現在にいたるまで、

人類は、

  • Impulseive-Red
  • Conformist-Amber
  • Achievement-Orange
  • Pluralistic-Green

の4つの異なる世界観に基づいての組織背景で、
人々が協力する4つの方法を経験しました。

これらの組織モデルのそれぞれは、
人類に大きな進展をもたらし、
より複雑な問題に取り組み、
これまでにないスケールの結果を達成することを可能にしました。

Evolutionary-Tealの観点から世界に関わる人が増えるにつれて、
より多くのTeal組織が生まれ始めると考えても間違いありません。

彼らはどのようなブレイクスルーをもたらすでしょうか?
どのようなたとえがその本質を捉えるでしょうか?

以下に短くまとめた、
先駆的ティール組織の研究から生まれたいくつかの答えがあります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新しいメタファー

生活システムとしての組織

achievement – orange

組織を機械として表現します。

pluralistic – green

組織に家族を比喩に使用します。

evolutionary-teal

この本のために研究された
ティール組織の創始者のいくつかは、
新しい隠喩の必要性を明示しています。

明らかに、機械のような魂のない縛りを感じるような組織を見ると、
これらの創業者は、社員を機械の歯車のような動きに追い上げるために、
レバーを一番上に引っ張るようなとても重要なCEOを演じることは願いません。

evolutionary-tealの観点から、
家族の隠喩はあまりにあわないと感じることがあります。

私たちみんなが知っているように、
家族は常に私たちの特性のより良い側面を
引き出すわけではありません。

私たちがしてほしいと思うよりも
家族はしばしばちょっとだけあるいはとても使えません。

そして、具体的には、
私があなたの上司であり、
あなたが私に報告しているなら、
私が父であり、あなたが子供であることを
暗示していますか?

グリーンは積極的に関わって、
リーダーシップを発揮することを主張しますが、
ティールの観点からは、
組織内の誰でもの父親になりたいとは考えていません。

ティール組織の創設者は、
創造を目標とする職場のために
異なる隠喩を使用します。

驚くほどよく創造者は
生きている生物や生きているシステムとして
組織について話します。

生命は、
すべての進化論的知恵の中で、
太古より完全で複雑に、意識的に進化し続けている、
無理のない美しい生態系を維持しています。

自然の変化は、
すべての細胞やあらゆる生物に由来する
自己組織化の衝動の中で
いつでもどこでも起こり、
命令を出したり、レバーを引っ張ったりするための
中枢の命令と制御は必要ありません。

隠喩は新しい大陸へと誘います。。

私たちが、魂のない不器用なマシンのように
それらを設計するのを止めれば、
どんな組織になるか想像してみてください。

私たちが生き物のように扱っていれば、
組織は何を達成でき、何がうまくいくのでしょう?

進化的なティール組織の3つの獲得

この本のために研究された
先駆的なティール組織の事例研究は、
3つの獲得を明らかにします。

 自己管理

ティール組織は、
階層的でも合意形成的でもなく、
仲間関係に基づいたシステムで、
たとえ大規模であっても効果的に運用する鍵を見出しました。

 全体性

組織はいつも狭い
「プロフェッショナルな」自己を見せて、
ドアのところで自分の他の部分をチェックするよう促す場所です。

組織はよく私たちに男性的解決を示し、
決定力と強さを表示し、
疑念と脆弱性を隠すように要求します。

理性的、直感的、そして精神的な部分は、しばしば歓迎されません。

ティール組織は、
私たちの内なる全体を取り戻し、
私たちが働いているすべての人を連れて来るように
私たちを招く一貫した実践で発展しました。

進化の目的

ティール組織は、
人生と自分自身の方向性を持っているとみなされます。

将来の予測や制御を試みるのではなく
組織のメンバーは、
組織が何をしたいのか、
それをどのような目的で利用したいのかを
理解して理解するよう呼びかけられます。

まとめ

これらの画期的な進歩は、
伝統的に受け入れられている管理方法から時には微妙に、ときには根本的に逸脱した、日々の具体的な実践によって明らかになります。これらのプラクティスは、次の章で説明され、先駆的なティール組織からの実例と実例で説明されます。②と③は自己管理を、④と⑤は全体像を追求するための実践を、⑥は進化の目的を扱う。⑦では、ティール組織モデルの「ソフトな」側面である組織文化について説明します。異なる実践の概要に興味のある読者は、主要な機能プロセス(戦略、革新、マーケティング、販売)の従来のレンズに沿った進化 – ティール組織の実践、人材プロセス(採用、業績管理、報酬)、日常生活の重要な慣習(会議、意思決定、情報の流れ)などを見てみてください。

Reinventing Organizations: An Illustrated Invitation to Join the Conversation on Next-Stage Organizations

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。