フランス革命⑤立法議会とフイヤン派vsジロンド派vsジャコバン派

スポンサーリンク

国民議会の解散と立憲君主制憲法を制定

立憲君主制を定めた憲法制定

急進的な共和主義を恐れた国民議会は、
財産資格選挙、立憲君主制の樹立、
一院制の議会設立を規定した1791年憲法制定して、
国民議会は解散し、秩序回復を急ぎました。

停止的拒否権

王権は縮小されましたが、議会が可決した法案の裁可を
一定期間拒否することができる「停止的拒否権」が
王に残されました。

能動市民と受動市民

市民は、ただ市民権のみを享受する受動市民と、
政治に参加する資格を与えられた能動市民に分けられました。

立法議会の派閥

フイヤン派とジロンド派は激しく対立しました。

フイヤン派

立憲王政派であるフイヤン派。議会の右翼を占めました。

フイヤン=クラブを背景とするフイヤン派は、
ラ・ファイエットやバルナーヴらが指導していました。

ジロンド派

ブルジョワジーを主体とした穏健な共和派であるジロンド派

ジャコバン派から分離し、対立。
ジロンド県出身者が多いのでジロンド派と呼ばれます。

ジャコバン派(山岳派)

ジャコバン修道院に本拠をもち、
小市民の利害を代表した急進的な共和制を主張したジャコバン派

ジャコバン修道院

マラー・ダントン、ロベスピエールなど、
過激なジャコバン派グループは、議会の最左翼の高い議席にいるので、
モンターニュ派(山岳派)とも呼ばれます。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。