織田信長(吉法師)の誕生-2歳で那古野城主に-

スポンサーリンク

尾張での勢力

守護・斯波氏と守護代・織田氏

尾張では、
守護の斯波氏が守護代の織田氏に実権を奪われていました。

織田氏も2家に分かれ、
上4郡を支配する岩倉城の
織田伊勢守家(おだいせのかみけ)
下4郡を支配する清須城の
織田大和守家(おだやまとのかみけ/清須織田家/きよすおだけ)
争っていました。

織田信秀について

織田信長の父、織田信秀は、大和守家の三奉行の一人に過ぎませんでした。

しかし、織田信秀は本拠にしていた
勝幡城(しょばたじょう)が商品流通の拠点として栄え、
また、勝幡城は尾張きっての港町・津島を擁していました。

こうした中、織田信秀は
経済力を蓄え、また政治力や武勇にも優れていたため、しだいに台頭するのでした。

織田信長の誕生

1534年5月28日

那古野城を本拠とする織田信秀(24)と正妻・土田御前(つちだごぜん)との間に、
勝幡城内で吉法師(きっぽうし)が誕生しました。のちの織田信長です。

吉法師には2人の兄がいましたが、どちらも側室の子だったので吉法師は嫡男として育てられました。

織田信秀は生まれたばかりの織田信長に、
宿老の林秀貞・平手政秀・青山与三右衛門・内藤勝介らをつけました。

1535年、織田信秀は、古渡城(ふるわたりじょう)に移り、那古野城に残ったの織田信長はわずか2歳にして城主となります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。